お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

僻みっぽい性格をやめたい。ひねくれてしまう心理とやめる方法

高見綾(心理カウンセラー)

つい、「あの人はいいな。自分なんて……」と思ってしまうことはありませんか? そういった僻みっぽい気持ちを手放す方法を心理カウンセラーの高見綾さんが教えてくれました。自分に自信が無い、人をうらやましいと感じやすい人はチェックしてみてください。

僻みっぽくなってしまう時は、あまり良い気分ではありませんよね。素直になれずにひねくれてしまう自分が嫌だなと感じている人も多いでしょう。

そこで今回は、僻みっぽくなってしまう心理的な理由を解説します。

僻んでしまう考え方の癖を直す方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

僻みとはどういう気持ち? 妬みとの違いとは

そもそも僻みとはどんな気持ちを指すのでしょうか。また、似たような言葉の妬みとは何が違うのか解説します。

僻み(読み方:ひがみ)とは、ひねくれた考えや気持ちのことをいいます(出典:『デジタル大辞泉(小学館)』)。

例えば、褒められたのに素直に受け取れず、「裏の意図があるに違いない」とマイナスに解釈してしまったり、彼氏が友達と遊んでいるだけなのに、「私より友達と一緒にいる方が楽しいんだ。私のことはどうでもいいのね」などと悪く捉えたりします。

僻みっぽいと、マイナス思考が強くなり、自分は不幸だと思い込みやすくなるのです。

類語として、「妬み(読み方:ねたみ)」がありますが、妬みは人をうらやむ気持ちを表します。自分より優れている人を見ると嫉妬して、憎らしいと感じることをいいます。

次ページ:僻みっぽい人の5つの特徴

SHARE