お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

僻みっぽい性格をやめたい。ひねくれてしまう心理とやめる方法

高見綾(心理カウンセラー)

僻みっぽい人の5つの特徴

僻みとはひねくれた考えや気持ちのことだと分かりましたね。では、僻みっぽい人には具体的にどんな特徴があるのでしょうか。

(1)素直に人を認められない

自分より優れた人を見ると、劣等感が刺激されます。素直に「すごいね」と言うことができずイライラしたり、悔しさから「あの人なんて、他は大したことないじゃない」とネガティブな気持ちが湧いてきたりすることも。

(2)注目されていないとすねる

寂しがり屋なので、構ってもらったり注目されたりするのが好きです。一方で、他の人が注目を集めて話題の中心になっていたりすると、面白くないと感じて、「あの人のどこがいいの」「どうせ私なんて」とすねてしまうことも。

(3)「私は不幸」という思い込みが強い

自分の境遇を悲観的に捉えており、「あんなことがあったから私はうまくいかないんだ」「私ってかわいそう」と思いがちです。事実をネガティブに解釈して、自分を悲劇のヒロインのように思い込んでしまう癖があります。

(4)不平不満を言いがち

僻みっぽい人は、無意識のうちに悪いところに目がいくので、不平不満をよく言います。誰かのせいにして恨み節を言うことも多いです。

(5)優しくされても素直に受け取れない

人から優しくされると、うれしい反面、「私をかわいそうだと思っているのかな」「どうせばかにしてるんじゃないの」という疑う気持ちも出てきます。

特別扱いしてほしいと思っているので、他の人にも親切にしているのを見ると、自分だけじゃないんだと思ってガッカリすることも。

参考記事はこちら▼

あなたはの「ひねくれ者度」を10の質問で詳しく診断します。

次ページ:僻んでしまう心理

SHARE