お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「体の相性が良い・悪い」は結婚の決め手として重要?

ひろん

「体の相性」も含めて自分が結婚に何を求めているのか見つめよう

結婚とは、50年にも及ぶ共同生活ともいえます。

その中での「体の相性」が気になるのは、人によってはほんの一時のことなのかもしれません。

まぁ最近の日本では、3組に1組が離婚すると言われているし、最初のスタートダッシュや夜の生活がどんなに良くても、途中で破局してしまうカップルがいかに多いことか……。

価値観の相違など理由は人それぞれいろいろあるでしょうが、結婚3〜4年目で離婚する若い夫婦は、もしかしてもしかすると「お互いを求める気持ちが薄れてしまい、男女でいられなくなってしまったから」という理由が裏側に潜んでいるのかもしれません。

そういった「いつまでも男女でいたい」という欲求が強い人にとっては、「体の相性」はとても大事なことです。

結婚前に「相手との体の相性」を気にするというよりは、「重視している自分」にフォーカスを当てるべきかと。自分は結婚後どうしたいのか、どんな性生活を希望しているのかも踏まえて、オープンに話し合える相手である必要があるのではないでしょうか。

でも、そうじゃないなら、もっと別の視点で結婚に何を求めるのか真剣に考えてみてもいいと思います。

芸能界では「交際0日婚」をした夫婦が何組もいますが、結婚して数年経っても仲良くやっているケースも多いです。

私が考える長続きする結婚に必要なものの2つは、「尊敬」と「尊重」です。

男女の関係ではなくなっても、お互いに尊敬し合える夫婦はなんだかんだ関係性を継続できるし、尊重には「体の相性」も含まれているのです。

それはおそらく結婚前の「体の相性」からも見えてきていたものだと思います。

「気持ちよいか気持ちよくないか」を気にするよりも、ぜひとも皆さんにはその際の「話し合うことができているか」「歩み寄りの姿勢が持てているか」を重視してみてほしいと思います。

(ひろん)

診断で「体の相性」をチェック!

【体の相性チェック診断】あなたはパートナーに満足してる?

※画像はイメージです

※この記事は2020年07月15日に公開されたものです

ひろん

恋愛&婚活ブロガー、恋愛コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。1980年茨城県生まれ。28歳で億万長者と結婚するも、31歳であえなく離婚。その後、泥水をすするような婚活を経て、再婚。二児の母となる。現在、自身の経験をもとに「1人でも多くの女性を幸せにしたい!」と執筆活動中。著書に『崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法』(三笠書房)、『女はいい女になろうと迷走するけど、やっぱり男はいいかげんな女を選ぶんです。』(大和出版)、『自滅女子の婚活下克上』(WAVE出版)がある。

【Web】http://hiron.blog.jp

この著者の記事一覧 

SHARE