お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「足裏・足の指のほくろ」が示す意味【ほくろ占い】

ほくろ占い

紅たき(占い師・コラムニスト)

あなたの足の裏や指にほくろはありますか? 人相学的には、足裏のほくろはリーダーシップがあり出世する相とされています。人相学に詳しい、占い師・コラムニストの紅たきさんに、足の裏や指のほくろが示す意味や表す性格について詳しく教えてもらいました。

古来より、ほくろのある部位によって運勢が占えるといわれてきて、「ほくろ占い」として発展してきました。

あなたのほくろはどこにありますか? ほくろは、幸せへの近道や今後気を付けるべきことなどを教えてくれるのです。

顔のほくろはよく注目されますが、体のほくろも大切なので、ぜひ見つけ出してみてください。

今回は、「足裏・足の指のほくろ」に焦点を当てて、その意味や運勢を紹介していきます。

Check!

「ほくろ占い」とは。ほくろの位置でわかる性格【人相学】

足裏のほくろの意味とは

人相学的に見て、足裏にあるほくろは、「リーダーシップ」があることを示しています。

足裏にほくろのある人は、人を引っ張っていく力がありますし、人脈にも恵まれやすいので、将来出世する可能性があります。

社長や政治家など、人の上に立ってリーダーシップをとる職業に就く人が多いようです。

Check!

「体のほくろ」が示す意味【ほくろ占い】

足裏のほくろから分かることとは

足裏にあるほくろからは、その人の行動パターンや思考のパターンが分かります。そこから、仕事運、恋愛運、結婚運なども導き出されていくのです。

足裏の大きいほくろが示す意味

足裏の大きいほくろが示す意味

人相学では、ほくろが大きければ大きいほどその影響が大きいといわれています。

足裏のほくろは、どの位置にあるのかによって意味が異なりますが、大きくて盛り上がったほくろであるほど、その場所の持つ意味合いを強めます。

足裏のほくろが多い人の運勢は?

足裏のほくろが多い人の運勢は?

足裏のほくろが多い人は、人を惹きつける魅力を持っています。

黒くてつやつやした生きぼくろであれば、多くても問題はありません。むしろ、人気者で異性にもモテるでしょう。

一方、茶色でぼんやりとした死にぼくろが多い場合は、ほくろ占い的に良いことではありません。

Read more

「足のほくろ」が示す意味~太もも・ふくらはぎ・甲別~【ほくろ占い】

【場所別】足裏のほくろの位置から分かる意味や性格

足裏のどの部分にほくろがあるのかから、さらに詳しくその意味や性格が分かります。一つずつ紹介していきましょう。

また、同じ位置にあっても、黒色でツヤがあり形の良い「生きぼくろ」の場合と、形がいびつで茶色の「死にぼくろ」の場合とでは意味が異なってきます。

それぞれ紹介します。

Check!

「生きぼくろ」と「死にぼくろ」とは【ほくろ占い】

足裏の指の付け根のほくろ「行動力がある」

足裏の指の付け根のほくろ「行動力がある」

足裏の指の付け根部分にほくろがある人は、抜群の行動力があります。そのため、リーダーシップがあり、人の先頭に立って多くの人を引っ張っていくでしょう。

生きぼくろ⇒リーダーになり尊敬される

良きリーダーとして尊敬され、大勢の人が付いてくるでしょう。

死にぼくろ⇒見切り発車で行動し失敗する

よく考えずに行動して失敗してしまうことがありがちなので、行動を起こす前に本当にそれでいいのかよく考える癖を付けましょう。

足の裏のかかとのほくろ「明るく元気な性格」

足の裏のかかとのほくろ「明るく元気な性格」

足の裏のかかとにほくろがある人は、明るく元気な性格です。そのため、大勢の人が集まる場所ではよく目立ち、注目を集めるでしょう。

生きぼくろ⇒社交的

どんな人とも楽しく会話ができるので、友達が大勢いるでしょう。

死にぼくろ⇒さみしがり屋

常に誰かと一緒にいないと駄目なタイプなので、さみしい気持ちにつけこまれ、悪い人物が近寄ってきたりもします。人を見る目を養いましょう。

足の裏の土踏まずのほくろ「将来大物になる」

足の裏の土踏まずのほくろ「将来大物になる」

足の裏の土踏まずにほくろがある人は、将来大物になるといわれています。

この位置のほくろには、天下取りの意味があるため、会社の社長になったり、政治家になるなど、多くの人の上に立つよう運命づけられているのです。

生きぼくろ⇒出世する

高い地位に上り詰める運と実力を持っているでしょう。

死にぼくろ⇒おごり高ぶり失脚する

高い地位に上り詰めるが、傲慢な態度を取ってしまい、人が離れていき失脚しがちです。成功しても謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

次のページを読む

SHARE