お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 婚活

「婚活がしんどい」と感じないコツ2つ

E子

婚活をしていると、「しんどい」と思うことは誰にでもあるでしょう。ただ、そんな婚活を続けていて、幸せな結婚ができるのでしょうか? 婚活・恋活を趣味とし活動しているE子さんに教えてもらいます。

今やアラサー独身であると知られるや否や「婚活してるんですか?」と聞かれるようになるほど、一般化した「婚活」。やっているのが普通で、やっていないと「なんで?」と聞かれるくらい、我々独女の必修科目となっている。

もともと、やりたくてやる活動でもないが、義務感からやっている女性が多いのではないだろうか。それゆえ、道行く婚活女性の顔はみな疲れでゆがみ、その道の険しさを物語っているかのようである。

婚活がしんどい理由

婚活は間違いなく苦痛を伴う活動だ。悲しくて毎日のように泣いたり、友達や家族と話しているときにふと取り乱してしまったりなんて方もいらっしゃるだろう。

あなたが弱い訳ではない。なぜ婚活がしんどいのかを確認し、心を落ち着けてほしい。

ゴールが見えない

行き先が分かっている場所、知っている場所への道のりは、さほど遠いと感じない。あとどれくらいで到着するのか、これからどんな障害が待ち受けているか、事前に把握しているだけでストレスは小さくなる。

婚活がしんどいのは、ゴールが見えないからだ。どこに正解があるのか、いつごろ終わるのか、私の婚活道中は中盤くらいまで進んでいるのか、まだ序盤なのか、私にゴールは来るのか。もしかすると、ゴールなんてないのかもしれない。まさに手さぐり。

どれだけ努力しても報われないかもしれない。そんな中で活動を進めていくのは、本当にストレスフルなことなのだ。

多くの男性と会わなければならない

2~3人と出会ったくらいで運命の人に巡り会えるのであれば、そう難しいことではない。しかし、実際には運命の一人にいきつくまでに、何十、何百もの男性と会わなければならないのである。

これがあなたにとってとても苦痛なはずだ。なぜなら、「結婚したい」と考える女性は、「あまたの男たちと知り合いたい」という欲求などなく、むしろ「一人の人と落ち着いて愛を育みたい」派であることがほとんどだ。

本来、多くの人、関係の浅い人と会って会話を楽しめるタイプではないことが多い。本来のあなたの性質とは逆行するような行為を強いられるから、疲れてしまう。

次ページ:婚活を「しんどい」と感じたときの対処法

お役立ち情報[PR]