お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

独身が着けてもOK? 結婚指輪を「左手薬指」に着ける理由

紅たき(占い師・コラムニスト)

左手薬指の指輪は愛を紡ぐ

愛するパートナーとの末長い愛と幸せ、絆を深めたい人は、ぜひとも左手の薬指に指輪をはめましょう。

また、「独身で恋人もいない」「片想いをしている男性もいない」といった人も、左手薬指に指輪をはめるメリットはあります。恋愛運や結婚運アップ、そして魔除けの効果があるので、悪い男性を遠ざけ、良縁をもたらしてくれる可能性は十分にあるのです。

恋人がいないときはピンクの石を選んで

恋人がいないときにもし指輪を選ぶのであれば、ピンク系のきれいな色の石を選ぶと◎。例えば、ローズクォーツやモルガナイトなどです。優しいピンク色は恋愛運をアップさせる効果があります。

もし石がついていない指輪であれば、イエローゴールドの色がおすすめ。イエローゴールドはさまざまな運を上げてくれますが、特に恋愛運アップの効果を発揮するからです。

いずれにしても、「幸せになりたい!」「愛を得たい!」という気持ちを支えてくれるのが左手薬指の指輪。着けたいと思ったらためらわずに着けて、願掛けを楽しんでくださいね。

(紅たき)

※画像はイメージです

 

※この記事は2020年03月28日に公開されたものです

紅たき(占い師・コラムニスト)

占い師・コラムニスト。広告制作会社のコピーライター、呉服店勤務、エステティシャン、英国式リフレクソロジストを経て、占いの道に入る。西洋占星術での鑑定歴12年。複数の人気サイトで、占いコラムを執筆中。著書に、『陰毛をぬく男』(TIAOBooks)、サイコロジー診断ラボのメンバーとして携わった『危ない心理テスト』(河出書房新社)がある。

紅たき OFFICIAL WEB SITE
https://kurenai-taki.info/

この著者の記事一覧 

SHARE