お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

生理前&生理中は「安全日」って本当?

セックスの基礎知識

太田寛(産婦人科専門医)

「生理中は安全日」「生理直前は妊娠しにくい」「排卵日=危険日なので、生理中は妊娠しない」など、色々なウワサを耳にしますよね。

でも、確実に妊娠しない「安全日」や妊娠しやすい「危険日」って本当にあるのでしょうか? また、あるとすれば、これらはいったいいつのことを指すのでしょうか?

安全で充実したセックスライフのためには、正しい避妊の知識が不可欠。産婦人科医の太田寛先生に詳しく教えてもらいました。

太田寛(産婦人科専門医)
この著者の記事一覧 

そもそも「安全日」と「危険日」とは?

「安全日」や「危険日」とはいつのことを想定しているのでしょうか。本当にそんな日が存在するかなどについても考えてみましょう。

「安全日」とはいつ?

一般によくいわれている「安全日」とは、「避妊せずにセックスしても妊娠しない日」または「比較的妊娠しづらい日」を指すようです。

つまり、この場合の「安全」とは、妊娠の危険がないということ。

そこで、まずは排卵から妊娠までの仕組みから見ていきましょう。

排卵から妊娠に至るまで

妊娠の仕組み(排卵~着床まで)

女性の体は、通常25~38日に一度、卵巣から卵子を排出します。その日を「排卵日」といい、卵子は卵管の先端から少し奥に入った卵管膨大部という場所で精子を待ちます。

女性が最も妊娠しやすいのは、排卵⽇の約2日前~排卵日までの間といわれています[*1]。

妊娠は、精子が子宮を経て卵管内に入り、そこで卵子と出会って受精した後、受精卵が子宮に向かって移動し、子宮内膜に着床することで成立します。

精子と卵子の寿命から考えた「安全日」

精子と卵子の寿命から考えた「安全日」

こうした妊娠の仕組みから考えると、妊娠しづらい日とは、精子と卵子の出会う確率が低い日ということになるでしょう。

そして、それは理屈の上では、「排卵の翌日以降~次の排卵が起こる1週間前ぐらいまで」の期間となります。

卵子の寿命は約1日、精子は性交後約3日間〜最長5日間、女性の体内で生存しているといわれているからです[*2]。

基礎体温から考えた「安全日」

基礎体温から考えた「安全日」

また、基礎体温から考えた場合は、一般的に「高温期に入って4日目ぐらい~高温期が終わる(次の生理が始まる)まで」の間のことを「安全日」と呼ぶことが多いようです。

排卵は、基礎体温が低温期から高温期へ移行する2、3日の間に起こるといわれることが多く、さきほど説明した寿命から考えると、高温期の4日目くらいには卵子は受精する力がなくなっていると考えられます。

また、低温期の長さは個人差が大きいため、低温期に入ったあといつ排卵が起こるかわかりません。そのため、高温期の終わりに安全日も終わると考え、基礎体温から考えた安全日は上記のようにいわれるのだと考えられます。

実は、確実に妊娠しない「安全日」はありません

ここまでで、精子・卵子の寿命から考えた場合と、基礎体温から考えた場合の「安全日」を紹介してきましたが、実は、避妊しなくても確実に妊娠しない「安全日」というものはありません。

さきほど紹介した2つの考え方では、いずれの場合も「いつ排卵するのか」を予測することが肝心です。しかし、排卵日を正確に予測するのはとても難しいことなのです。

生理周期が安定していて、基礎体温が低温期と高温期にはっきりと分かれている人であっても、毎日きちんと基礎体温を測定した場合でないと、いつから高温期に入ったのか知ることはできません。

基礎体温がきちんと低温期と高温期に分かれていない人の場合は、いつ高温期に入ったか見極めるのはとても難しいでしょう。

また、高温期に入ったことがわかったとしても、さきほど説明したとおり、排卵が起こるのは低温期から高温期へ移行する数日の間ということしかいえないので、このうちのどこで実際排卵したかを基礎体温から特定することはできません。

さらに、排卵日は体調や環境のちょっとした変化から影響を受け、変動することが珍しくありません。生理周期が乱れがちな人はもちろん、普段は規則的に生理が起こっている人であっても、なんらかの影響を受けて排卵日が通常より遅れる/早まるという変化は簡単に起こります。

つまり、確実に妊娠しない「安全日」と言い切れる日はない、と考えておいたほうが良いということなのです。

では、反対に「危険日」であればわかるのでしょうか?

「危険日」とはいつ?

危険日とはいつ

「危険日」とは、一般に「妊娠しやすい日」のことをいいます。

さきほど紹介したように、女性が最も妊娠しやすいのは、排卵⽇の約2日前~排卵日までの間です。

また、卵子の寿命は約1日、精子は性交後約3日間〜最長5日間なので、排卵の5日程度前~排卵日の翌日までは、妊娠する可能性の高い日といえるでしょう。

しかし、さきほど「安全日」の項で説明したとおり、生理周期や基礎体温から推測する排卵日はあくまでも予測にすぎず、安全日や危険日が“予測通り”にくるとは限りません。

また、生理周期は常に一定というわけではなく、そもそも生理不順であったり基礎体温が低温期と高温期に分かれていない人では、排卵時期の予測も困難です。

生理周期や基礎体温から排卵日を確実に予測するのは、難しいことなのです。

妊娠を希望している場合に、基礎体温を測って「おおよその排卵日」を推定することは有効な方法の一つ。ですが、うまく測れていなかったり、測り方を間違えたりすることもあるため、これを避妊方法として利用するのはおすすめできません。

結論としては、「危険日」についても、だいたいこのくらいとわかることはあっても、確実に特定するのは難しいということ。妊娠を望まないなら、その間は常に避妊をすることが大切なのです。

次ページ:生理前や生理中のセックスでは妊娠しないの?

SHARE