お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

ネガティブ思考は変える必要なし。実は仕事にメリットな理由

高見綾(心理カウンセラー)

ネガティブ思考な人は、ポジティブになれと言われがち。本当にネガティブ思考にはデメリットしかなく、改善しないといけないのでしょうか? 心理カウンセラーの高見綾さんに、ネガティブ思考の隠れたメリットを紹介してもらいます。

「ネガティブ思考はやめよう」「ポジティブになろう」とよく言われますが、ネガティブ思考のすべてが悪いわけではありません。

じつは仕事においてメリットが多いとされているのです。

今回は、ネガティブ思考について掘り下げて考え、メリットや向いている仕事について紹介します。

ネガティブ思考とは

ネガティブ思考とは、具体的にどういったものなのでしょうか。ネガティブ思考な人の特徴や原因などを見ていきましょう。

「ネガティブ思考な人」の特徴

(1)悲観的な未来ばかり想像する

物事を悲観的に捉える癖があるので、将来のことに対しても、「どんどん悪くなるかもしれない」「よくないことが起きる可能性がある」とネガティブに考えます。

常に不安を抱えているため、最悪の事態を想定する癖があります。

(2)心配性

周りの人がうまくいっていなかったり失敗していたりすると、自分も同じようになるのではないかと心配します。そのため新しいことには簡単に挑戦しようとはしません。

慎重に慎重を期して、「これなら大丈夫だろう」と思えたものだけ取り組みます。

(3)悪いことばかり気にする

何事においても良いことよりも悪いことのほうに焦点を当てているため、悪いことのほうを覚えています。そのため、幸福感が少ないのも特徴です。

たとえうまくいっていたとしても「自分はまだまだだ」「うまくいかないことばっかりだ」と思いやすいです。

(4)疑い深い

ミーハーな要素はなく、世間で良いとされているものや常識のようなものについても、「そうかな?」と疑うところから始まります。

周囲の評判を聞いても「本当かどうかは体験しないとわからない」と考えがち。

また、すぐに「何か裏があるのではないか?」と疑うので騙されにくいところもあります。

(5)限定された友人と付き合う

誰とでも仲良くなれるような社交的なタイプではなく、人にあまり心を開かないので、ごく限られた友人たちと付き合います。

ただし一旦心を開いて信頼すれば、その関係を大切にして長い付き合いになることが多いです。

ネガティブ思考になる原因

(1)自信がない

ネガティブ思考の人は、劣等感が強く自信がありません。

手放しで「きっと大丈夫」「なんとかなる」とは思えないので、データや情報をたくさん集めて自分の不安感を打ち消そうとするところがあります。

(2)気が小さい

気が小さい人は、ほかの人から見たら些細なことでも気にします。人からどう思われているのかに敏感で、嫌われることを必要以上に恐れているのです。

基本的に怖がりで、「嫌われたらどうしよう」「うまくいかなかったらどうしよう」という恐れをいっぱい持っているため、発想がネガティブに偏りがちです。

(3)幼少期に否定されて育った

幼少期の過ごし方は、私たちの内面に大きな影響を与えるといわれています。

親からほとんど褒められなかったり、何をしても否定されたりするような環境にあると、悪いことばかりに注目するようになる傾向があるようです。

(4)いじめなどトラウマになる出来事を経験した

学生時代にいじめられたり仲間外れにされたりといったことがあると、自己肯定感が下がって、「自分が悪いからだ」と考えやすくなります。

人が信用できなくなって、心を閉ざしてしまうケースも。

そういったトラウマになるような出来事を経験すると、考え方がネガティブになりやすいようです。

(5)頑張っても報われなかった経験がある

たとえば、受験に失敗した、部活で全国大会に行く目標が叶わなかった、失恋したなど、自分のできる最大限の努力をしても、報われないことが起こると、私たちはひどい挫折を経験します。

努力ではどうにもならないことがあるという事実にひどく打ちのめされてやる気を失ったり、投げやりになったり、やる前から「どうせうまくいかないだろう」と悲観的な発想に陥りやすくなるのです。

次ページ:実は必要なもの。ネガティブ思考のメリット

お役立ち情報[PR]