お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

優しくなりたいあなたへ。「本当に優しい人」の特徴【診断付】

高見綾(心理カウンセラー)

心理学で考える「本当に優しい人」の特徴

人が優しさを見せる理由はさまざまであるということ。中でも、思いやりからくる純粋な優しさとは、どのようなものなのでしょうか。

ここでは、そんな「本当に優しい人」の特徴を挙げていきます。

(1)自分にも優しい

意外かもしれませんが、人に対して優しい人は、もれなく自分にも優しいものです。自分の気持ちや欲求に対して素直で、自分の好きなことをやっています。できないことはできないと断り、自分の好きな人との時間を大切にしているのです。

このようなタイプは、明るく大らかな性格で、精神的に余裕があります。自分を犠牲にする優しさは、長くは持ちません。余裕があるからこそ、人に対しても優しくできるのです。

(2)なんでも受け入れない

なんでも、誰でも受け入れるのが優しい人というわけではありません。自分を利用してくるような人や悪意のある人に対しては、毅然とした態度でNOを言えることが本当の強さであり、優しさです。

もしも友達が間違ったことをしているなら、きちんと理由を述べて「それは良くないと思うよ」と教えてあげることができるのも特徴です。

(3)他人の価値観を尊重する

自分の価値観はしっかり持っていますが、他人を受け入れる懐の広さもあります。他人と価値観が違っていたとしても、「そういう考え方や生き方もあるよね」と尊重します。

裏表がなく誰に対しても誠実です。その姿勢は恋愛においても変わりません。

(4)依存をさせない

悩んでいる人や困っている人に手を差し伸べるときは、相手が自立していけるように忍耐強くサポートします。うまくいっていないときでも、相手の力を信頼して見守り続けます。

相手の弱い部分に踏み込んで積極的に手助けをし、結果的に自分に依存させてしまうようなやり方は取りません。

(5)他人の幸せを自分のことのように喜ぶ

優しい人にとっては、他人の幸せが自分の幸せに繋がっています。まわりに良いことがあれば、「良かったね!」と心から喜ぶことができるのです。

幸せや喜びは、自分だけが握りしめるものではなく、分かち合うことによってより広がるということを知っています。

(6)見返りを求めない

「与えて終わり」の考え方なので、自分のしたことで喜ばれたら当然うれしいですが、これといった見返りがなくても平気です。

相手に対して過度な期待もないので、「私があんなにやってあげたのに……」と文句を言うようなこともしません。

(7)相手の立場に立って考える

「プレゼントをあげるときは、相手が欲しいものをあげる」というように、相手の立場に立って物事を考えます。相手が「卑屈にならないように」「気を使わないで済むように」と思うので、さりげない気遣いをすることも多いです。

次ページ:あなたの性格は? 優しい人診断

SHARE