お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

もしかして恋煩い? 特徴と対処法

小日向るり子

恋煩いとはなんなのか。どんな原因でなり、どういう症状が出るのか。心理カウンセラーの小日向るり子さんに、恋煩いの特徴と治し方、対処法について詳しく教えてもらいました。自分は恋煩いかも? と思っている人は診断してみましょう!

改善できる? 恋煩いの対処法

恋煩いの症状を改善するにはどうしたらいいのでしょうか。ここからは、恋煩いの対処法について説明していきたいと思います。

(1)昼型生活

できるだけ昼型の生活をするようにしましょう。またその際、太陽光を浴びる、身体を動かすなど「外で身体を動かす」ということを意識するようにしてみてください。そうすることで夜に副交感神経優先モードに入りやすくなるため寝つきがよくなります。

(2)刺激を避ける

興奮したり嫉妬したりすると交感神経優位になります。そのため、刺激物となるものは避けるようにしましょう。

特に彼のSNSは大きな刺激となります。寝る前のSNSチェックは控えてください。

(3)空き時間を作らない

もちろん一人でゆっくり過ごす時間は大切ですが、恋煩いが辛い時期だけは意識して「空き時間」を作らないようにしてみましょう。

時間区切りで予定を入れて、多少せかせか動いた方が彼のことも考えずに済みますし、身体も疲れるため夜に寝やすくなります。

恋愛は楽しめるようにしよう

なんだか恋煩いって怖い! と思われた方もいると思いますが、恋をすること自体は素敵な感情ですので恐れる必要はありません。

ただ、やはり恋にのめり込み過ぎていると感じたときは調整が必要です。そういうときは「自律神経のバランスを整える」ということを意識してみてくださいね。

(小日向るり子)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]