お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】殴る・殴られる夢の意味は? 相手や状況、使う道具別に分析

夢占い

マリィ・プリマヴェラ

殴る部位やシチュエーション、使う道具別での意味

誰を殴ったかではなく、どこを殴ったか、どんな状況で殴ったか、何を使って殴るかなどに着目しても夢をひもとくことができます。

あなたが夢の中で見た「殴るシーン」は、どのようなものだったでしょうか。

(1)顔を殴る夢は「立場が危うくなる」

夢の中で顔が強調される場合、自分は周囲からどのように思われているかを非常に気にしていることが分かります。

顔を殴る夢は、あなたの立場が危うくなることの暗示。しかし、上手に立ち回れば、周囲と良い関係を築くことも可能です。

あなたの言動次第で、吉夢にも凶夢にもなる夢というわけです。

(2)壁を殴る夢は「生き詰まりからストレスに」

壁の中は安全です。外からは簡単には乗り越えられません。

夢の中の壁は、自分自身を守るものと、目の前に立ちはだかる困難や障害という、両方の意味を兼ね備えています。

その壁を殴る夢は、何らかの行き詰まりを感じ、ストレスを抱えていることの証し。

今のままで良しとするか、障害を突破するかはあなた次第。いずれにしても非常にストレスフルな状況にいるので、何らかの決断をする必要があるでしょう。

(3)金属バットで殴る夢は「現状打破への強い思い」

夢の中に現れた金属バットは、頑なな心や強い意志を意味します。

その金属バットで何か、もしくは誰かを殴る夢は、あなたの中に現状打破しようという強烈な思いが潜んでいることの暗示。

それは人間関係かもしれないし、仕事や学業かもしれませんが、いずれにしても今の状態から抜け出し、より良い状況を手にする覚悟を決めていることを物語っています。

(4)殴っているのに力が入らない夢は「心身の疲れ」

力が入らないのは、たとえ夢の中であれ、自身のパワーが落ち込んでいる証拠。

たとえば、自分の気持ちを上手に表現できなかったり、人間関係につまずいてストレスフルだったり、自分自身に対するイライラがあるのかもしれません。あるいは、疲れが溜まって体力が落ち込んでいるのかも。

ストレスを発散するなり、休養を取るなどして、自分を少し甘やかしてあげると良いでしょう。

次ページ:殴られる部位やシチュエーション、殴られた道具別での意味

SHARE