お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風水的に「良い玄関」「悪い玄関」 #李家幽竹の風水ハック

#李家幽竹の風水ハック

李家幽竹

風水的に悪い玄関。5つの悪条件

風水において、悪い玄関とは? 5つのNGポイントを見ていきましょう。

(1)玄関マットがない

たとえば、玄関を毎日こまめに掃除できている家なら、玄関マットがなくてもいいそう。しかし、そこまで完璧に掃除できませんよね。

悪い気はつねに下からやってくるそうです。玄関マットのない玄関は「煞気」を吸収するフィルターのない状態。

可能な限り玄関マットを設置するのがいいようですね。

(2)不衛生な状態

掃除が行き届いていない不衛生な玄関を、「旺気」はもっとも嫌うようです。

特に、たたきに砂やホコリが溜まっている玄関はダメだそう。床が汚れていると、真っ先に「煞気」が入り込んでくるのだとか。

靴のいやな臭いがしたり、湿気がこもる暗い状態の玄関もNG。特に、靴箱は臭いや湿気がこもりがちなので、週に1回は30分程度、扉を開けたままにして風を通すのがいいようです。

靴が外から持ち帰ってくる悪い気が棚板につくので、棚板もときどき重曹水で拭き掃除をして浄化しましょう。

(3)靴が出しっぱなし

前項であった通り、出しっぱなしの靴が多ければ多いほど、自分の縁や旦那さんの頭を踏みつけているようなもの。

もしも、3年以上履いていない靴があれば、今後も履かない可能性が大。思い切って処分してみるのもいいかもしれません。

(4)扉の正面に鏡がある

玄関に鏡を置く場合、ドアの真正面に鏡を置いているのはNGのようです。

入ってくる気をはね返したり、そこに悪いものが映っている場合は「煞気」が倍増するのだとか。

どうしてもその方角にしか向けられない場合は、花や観葉植物など生気のあるものを一緒に映すといいそうですよ。

(5)プラスチックの鉢

玄関に観葉植物が置いてあるのは良いことですが、意外と見落としがちなのが鉢。

陶器の鉢なら良いそうですが、プラスチックは避けたほうがいいのだとか。なぜなら、プラスチックは「火」の気を持っているので、運も燃やしてしまう恐れがあるからだそう。

また、観葉植物を置きすぎてジャングルのようになっているのも「陰」の気を強めてしまうので、バランスを考えるのが肝心なようです。

次ページ:玄関にあると良い置物とインテリア

SHARE