お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

理屈っぽい人は案外落としやすい!?  理屈男子の恋愛攻略法

ぐっどうぃる博士/恋愛カウンセラー・理学博士(生命科学)

話を聞いてほしいだけなのに持論をぶつけてくる、会話がいつも議論になってしまう。そんな理屈っぽい人っていますよね。解決策の提案ならまだしも、ダメだしされて大喧嘩……なんて相手との恋愛は骨が折れます。しかし実はコツさえつかめば、案外落としやすいそう。今回は、そんな理屈っぽい男性の恋愛傾向と上手なつきあいかたを、人気恋愛カウンセラー、ぐっどうぃる博士にお聞きしました。

「さっき言ってたことと矛盾してるよ」「一般的に考えて可能性は低いと思う」「ただの主観でしょ。エビデンスは?」と、AIのようにドライな言葉で、自分の意見を曲げず、理詰めで話してくるのは、男性に多い気がします。

こちらとしてはコミュニケーションの一環として、ただ他愛もない話を共有して、少し共感してくれるだけで満足なのに……。恋愛カウンセラーのぐっどうぃる博士は、「理屈っぽい男性に恋愛上手は少ない」と話します。

理屈っぽさを隠せない男性は、恋愛下手の傾向

知識が豊富で、筋道を立てて考えられる人は魅力的ですが、そこにプライドが高い、自己中、完璧主義、上から目線、頑固など“理屈っぽい”一面が見えてくると話は変わってきます。

こういう性格の男性を好きになると、一筋縄ではいかないような気がします。

理屈っぽい人
「男性は論理的、女性は感情的とよく言われるように、多くの男性は理屈っぽい部分を持っていると思います。

しかし恋愛経験豊富な男性は、元々は理屈っぽくても、女性が“雰囲気”“居心地のよさ”“エンタメ感”“センス”など、理屈と関係ないところを重視すると知っているので、女性の前では理屈っぽさを封印している人が多いんです。

そういう人は女性にモテますが、そのまま理屈を押し通してくる人は、恋愛が得意でなく、女性ウケも悪いでしょうね」。

やはりそうなりますか。つまりライバルも少ないから、うまく彼にハマることができれば、チャンスはあるかも?

理屈っぽい人は、“自分が正しい”と考える傾向がある

しかしそんな理屈っぽい部分についつい反応して、衝突してしまうこともあります。相手の懐に入るには、こちらは静観して、「そうだねー」と話を合わせるのが得策でしょうか?

理屈っぽい人
「理屈というのは、いわゆるロジックのことなのですが、哲学に始まり、数学、科学など太古の昔から積み上げられてきた、“考える様式”のことです。

その様式にしたがっていれば、判断を間違えない。問題解決に最善の方法が取れる、真実かどうかがわかるなど、とても魅力的でパワフルな思考法なのです。

男性はそれに持論を乗っけて、より自分なりの完璧なロジックを組み立てます。『理屈』にはまっている男性は、どんな問題が起きても、その思考法に当てはめて考えるので、いつも簡単に“正しい”答えを導き出してしまうわけです。

そしてやっかいなことに、理屈っぽい人は、その自分流にアレンジされた思考法、つまり“俺ロジック”以外の考えを認めないところがあります。

俺ロジックに感服させよう、詰め将棋のように相手を詰ませよう、うんとうなずかざるを得ないようにしようということばかりに重きを置いているので、どんなにこちらが反論しても、絶対に意見を曲げません。そういう相手には、理屈で対抗しない方が無難です」。

彼の世界観を受け入れ、徐々に染まっていればいいのかもしれませんが……。

次ページ:コツさえつかめば実は簡単!? 理屈男子の攻略法

SHARE