お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

「好きな人ができない」という悩みの本質

仁科友里

彼氏がほしいのに、なかなか好きな人ができない……。焦りからますます彼氏ができない。30代の社会人女性にはよくある悩みかもしれません。好きにならない理由は一体なんなのでしょうか? ライターの仁科友里さんに教えてもらいました。

こんにちは、仁科友里です。

彼氏がほしいのにもかかわらず「好きな人ができない」という問題は、実は古今東西語られてきたお悩みのひとつです。

今日はこの問題について、一緒に考えていきましょう。

好きな人ができない女子あるある

好きな人ができなくて悩んでいるみなさん。次のようなことは思い当たりませんか?

好きな人ができない女子のあるあるには、その原因が見え隠れしています。

会社が楽しくない

なぜ仕事と恋愛が関係あるの? と思う方もいるでしょうが、大アリです。

会社が楽しいということは、仕事の能力を含めたコミュニケーションがうまくいっているということ。

恋愛もコミュニケーションですから、仕事と恋愛は似ていると考えてください。

一日の大半を過ごす場所に不満があると、どんなに気をつけていても後ろ向きになり、恋愛する気持ちになれないでしょう。

元カレを美化していることに気づいていない

元カレをことあるごとに思い出す人もいると思いますが、実は記憶はウソをつくとご存じですか?

記憶というのは事実とイコールでなく、簡単に改ざんされてしまうことが、最近の調査で明らかになっています。

元カレがすばらしかったのではなく、今がつまらないから、相手を美化していないか考えてみてもいいと思います。

そもそも、男性と接する機会が少ない

仕事をするようになると、どうしても平日は家と会社の往復になりがちです。

となると、毎日顔を合わせるメンバーは固定されてしまいます。女性の多い職場や周囲がオジサンばかりの環境だと、男性に接する機会が絶対的に不足してしまいます。

男性が積極的に口説いてくる時代ではありませんから、意識的に出会いを求めないとなかなか「好きな人」はできないでしょう。

なんだかんだ受け身

ドラマで描かれる恋愛は勇気を出さなくても、偶然に偶然が重なってカップルとなりますが、実生活で同じことが起きる可能性は限りなく低いといえます。

自分からある程度の出会いを求めなければ、好きな人を見つけることは難しいでしょう。

次ページ:あなたに好きな人ができない理由

お役立ち情報[PR]