お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

「機転が利く人」の特徴5つ! 職場で機転を利かせる方法とは?

高見綾(心理カウンセラー)

職場では想定外のトラブルも多いもの。そんなとき、すぐに改善案を出せるような機転の利く人は何かと頼りになりますよね。融通が利いて臨機応変に対応できる人になるにはどうしたらいいのでしょうか? この記事では、心理カウンセラー・高見綾さんに、機転が利く人の特徴や機転を利かせる方法について解説してもらいました。

日ごろから想像力を働かせることが、機転が利く人になる第一歩

機転が利く人は、まわりの人への思いやりを持った行動ができるため、どこにいっても重宝される存在になります。

機転が利く人を見ると、咄嗟のときによく的確な対応ができるなと感心してしまいますよね。

日ごろから想像力を働かせてまわりをよく観察し、目的を意識した行動を心がけていくことで、対応力は確実にアップするもの。

さまざまな経験を積む中で想像力を働かせながら、機転が利く人を目指していきましょう。

(高見綾)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]