お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

なぜ結婚したいのか。女性たちが結婚したい理由3つ

E子

「結婚しない」選択肢が当たり前になってきた現代ですが、「結婚したい」と思っている女性は少なくありません。では、女性たちはなぜ結婚したいのでしょうか。結婚したい理由を独身アラサー女性のE子さんに解説してもらいました。

女性として生きていると、当然のように「結婚を夢見ている」と思われること、多いですよね。

彼氏も作らずにいると、「そろそろ彼氏くらい作ったら?」、彼氏ができたら「彼氏、結婚してくれないの?」。

そんな質問を飽きるほど浴びているうちに、自分でもいつしか「結婚したい」「結婚がゴール」と思い込んでしまいます。

本当に自分が結婚したいのかどうかもわからないまま……。

女性にとっての結婚のメリット

共働きが当たり前の現代において、「女性は嫁にいき養ってもらわないと生活できない」という価値観は崩壊しました。

女性もお給料をもらって働くのなら、結婚するメリットってなんなのでしょう?

「結婚すると、独身のときよりも負担が増えるだけ!」と言う女性もいますよね。メリットをおさらいして、自分の結婚願望があるのかないのか、精査していきましょう!

メリット1「寂しくならない」

独身は気楽ですが、たまに寂しくなることありますよね。

何にも縛られず、好き放題生きられるのは独身のメリット。

しかし、「あれ……今私が死んだとして、悲しんでくれる人って誰かいるかな?」と考えたりしませんか?

私はします。

私が急にいなくなっても誰も困らない。それは、なんの責任も負っていないという「最高の自由」であると同時に、誰からも特に必要とされていないということなんですよね。

これはこれで気楽でいいけど、なんとなく、誰かに必要とされたいという願望はどこかにある。これが寂しさなのかもしれません。

メリット2「社会的信用」

いい年なのに独身でいると、必ず言われるのがこのセリフ。

「どうして独身なの? 何か欠陥があるの?」

30歳を過ぎて独身でいると、なんらかの瑕疵があると想像する人が多いよう。

一方、相手が誰であれ、どんな結婚生活であれ、結婚していればまわりはあなたのことを「ちゃんとした普通の人」と認識します。

さらには、見るからに変人だったとしてもその人が既婚なら、「え……変人だと思ったけど、案外まともな人なのかな?」とプラスに想像します。結婚することで得られる社会的信用はすごく大きいのです。

メリット3「好きな人とずっと一緒にいられる」

アラサーにもなって何を夢見てんだってお思いですか?

しかしね、これ。意外と結婚した女性陣から一番多く聞くメリットなのですよ。

結婚する前は「他人と一緒に生活するなんて無理」と言っていた彼女たちが、「意外と一緒に暮らすの楽しい、前よりも彼のことが好きになった」とか言うのですよ。

私は独身で同棲経験もないのでよくわからないのですが、共同生活は思っているより楽しいみたいです。

毎日が楽しく、愛が深まるのであれば、最高のメリットですよね。

結婚はしなきゃいけないのか

我々に結婚することを強要してくるのは、だいたい親世代、祖父母世代です。

ある意味それは、「今はよくても歳をとってから独身だと後悔する」ということかもしれません。いつの時代も、「年寄りの言うことは聞け」と言いますからね……。

しかし、彼らが生きてきた時代と、これから私たちが生きる時代はまったく異なるものです。

結婚することが当然だった彼らの時代には不都合が多かったかもしれませんが、これから生涯独身で過ごす人の割合が高まれば、それらの不都合の多くは社会の変化に伴って解消していくかもしれませんね。

「とりあえず結婚してみる」も、いいかもね!

というわけで、結婚する・しないは、周囲の意見に流されることなく判断すべきだとは思います。

ですが、みなさん深く考えず、とりあえず軽い気持ちで「結婚してみる」っていうのもいいかもしれません。

実際に結婚することで、思いもしなかったメリット・デメリットが見つかるかもしれません。体験してみないとわからないことは多いものです。

それで「失敗した~」と思ったなら、やり直せばいいのです。何度だってやり直せます。

離婚が珍しくない時代になり、「×あり」に対する偏見が薄れた現代だからこそ、私たちはフランクに結婚を「試す」ことができるようになったのではないでしょうか。

いい時代になりましたよね。前向きに考えていきましょう。

人生はひとそれぞれ。何をメリットと感じるかも人それぞれ。

生き方が自由になった現代だからこそ、何をメリットと感じるか、何を大事にするかの価値観もひとそれぞれです。

昔のように、「女は結婚すれば幸せ」という型にはまった価値観はなくなりました。

我々は自分の幸せを、自分で探し出さなければならないのです。誰も導いてはくれないし、幸せになる方程式もありません。

自由というのは、大きな責任を伴います。

自由であるということは、自分の人生を自分で作り上げなければならないということです。

だからこそ、どうしたらいいかわからず苦しんでしまうわけですが、与えられた自由で自分にとっての「幸せ」を見つけられるよう、生きていきたいですね。

(E子)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]