お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

どうしたらなれる? 人望が厚い人の特徴

高見綾(心理カウンセラー)

あなたのまわりに「人望が厚い人」はいませんか? 人望が厚い人は、人望がない人とは考えや行動が大きく異なるものです。「人望が厚い人」の特徴や、人望が厚い人になる方法について、心理カウンセラーの高見綾さんに聞きました。

人望が厚い人は、みんなから頼られて人気がありますよね。職場でもプライベートにおいても、人望が厚い人になりたいと思ったことはありませんか?

今回は、「人望が厚い人」の定義や、人望が厚い人の特徴について紹介します。日ごろからどのようなことに気をつけていけば人望が厚い人になれるのでしょうか。

「人望が厚い」の意味とは?

人望が厚い

人望が厚いとは、まわりから信頼され、慕われることを言います。

人望が厚い人は、人の話をよく聞く上に、相手の立場に立って物を考えることができるので、自然と人が集まってくることが多いです。

自分の意見や考えがしっかりあって、理想を掲げて行動を惜しまないところがあるので、まわりに「この人についていきたい」と思わせるような魅力を持っています。

自然体で飾らない人柄や誰に対しても誠実な姿勢などから、尊敬やあこがれの気持ちを持たれることが多いです。

職場においても「この人は信頼できる」「安心して任せられる」と思われるので、責任ある大きな仕事を任されます。

また、人望が厚い人は、何かトラブルがあって困ったことに遭遇しても、「今までよくしてもらっているから」「あの○○さんだから」という理由で、助けてくれる人がたくさん現れるのが特徴です。

次ページ:「人望が厚い人」と「人望がない人」のちがいとは?

SHARE