お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【触り方別】腕へのボディタッチの意味

小日向るり子

男性から腕にボディタッチされるとドキっとしますよね。特に気になる男性から触られると、脈アリなのか考えたくなるもの。ボディタッチの中でも、「腕」に触る男性心理にはどんなものがあるのでしょうか? 心理カウンセラーの小日向るり子さんに解説してもらいました。

男性からボディタッチをされてなんとも思わないという女性はいないですよね。特にそれが片思いの男性や気になる男性の場合、その意味を考えたくなるものです。

今回は、ボディタッチの中でも腕に対するボディタッチに焦点をあててその男性心理を解説していきたいと思います。

腕を触る男性心理とは?

ボデイタッチ 腕

ほかの身体のパーツには触られたことがないのに腕だけに触ってくる男性の場合、その多くは「もっと親密になりたい」という願望が隠れています。

腕は女性の身体の中では比較的触れやすい場所ですので、男性にとってはボディタッチの入口。「まずは腕から」という心理があります。

また、男性と女性では腕の筋肉量がちがいますので女性のやわらかい腕の感触を好きな男性は非常に多いのです。腕に触られたら、少なくとも自分に好意的な感情はあると思ってよいでしょう。

【触り方別】腕へのボディタッチの意味とは?

しかし一概に腕へのボディタッチといっても触り方によってもその心理は異なってきます。ここからは、腕への触り方別に男性の心理を分析していきます。

腕に軽く触れる

ボデイタッチ 腕

付き合う前の男性が何かの折にあなたの腕に軽く触れてきたら、基本的には「恋愛感情アリ」と判断してもよいでしょう。

さらに「2人きり」というシチュエーションの場合と彼が「シャイで奥手」という性格が重なった場合、恋愛脈アリ度はアップします。

ただ、あなたが落ち込んでいるときなどにポンポンという感じで肩に近いあたりを触れる場合は「仲間としての励まし」という意味合いの場合もあります。

腕をツンツン

腕をツンツンするボディタッチの場合、恋愛感情はない場合が多いです。どちらかというとその女性に対してふざけたい、ちょっかいを出したいという友情に近い心理状態です。

しかし、照れ屋の男性はわざとふざけた雰囲気を作って女性の反応を確かめることもありますし、幼い男の子が好きな女の子をいじめてしまうような幼児性の表れである場合もありますので、一概に「脈ナシ残念!」ともいえません。

あなたがその男性を気になるのであれば、そうした幼児性や照れ屋の部分がないか、普段の彼を観察してみましょう。

二の腕をつかむ

ボデイタッチ 腕

二の腕をつかむのは、そのときのシチュエーションとつかむ力の強さによって心理が異なります

たとえば、複数人で食事会をした後で2軒目に行こうとなったとき。あなたが帰ろうとしたら、二の腕をつかんで「次も行こう」といわれたような場合は、もっと一緒にいたいという気持ちの表れ。また、こうしたときの腕をつかむ力は感情に比例しますので強いほど好意があるということになります。

ただしあまりにも強い力で強引につかむ男性には暴力性が潜んでいる場合がありますので注意してくださいね。

ハイタッチ

ボデイタッチ 腕

ハイタッチというと、運動で得点をあげたシーンなどでよく見られますので恋愛要素はないと思われがちですが、男女2人の場面でのハイタッチは意外と恋愛要素があります。

逆に数秒でも手のひら同士を密着させるということで、腕よりも相手を女性として意識する男性は多いです。

腕にボディタッチされたときのかわいい反応

ボデイタッチ 腕

男性が最初に気になる女性の身体に触れる際に、もっとも触りやすい箇所が腕もしくは手です。

恋愛においてボディタッチは大切な愛情表現ですが、その入口となるのが腕へのボディタッチということ。気になる彼であれば好意を伝えるタイミングとして絶対に逃したくないところです。こちらからも上手に好意を伝えましょう。

たとえば彼が背中から腕に手を回してきたら少しだけ彼のほうに体重を預けてみる、ツンツンしてきたらツンツンし返すなど、同じようなことをすると効果があります。

また、突然ボディタッチをされるとビックリして身体が固くなってしまう場合もあると思いますが、そんな自分に気づいたら意識して肩の力を抜いてみましょう

緊張した様子だった彼女が身体を預けてくれた」という感触が男性の心にいいインパクトを与えます。

腕へのボディタッチは恋愛の入口。チャンスを逃さないで!

ボデイタッチ 腕

積極的な女性が増えてきたとはいっても、男性側ではいまだに「恋愛は男性がリードするもの」という価値観を持っている方が多いです。

何度もデートしているのに距離が縮まらない、私のことを女性として好きなのかな? と不安に思っている方は、あえてお祭りや花火大会、観光スポットなど人通りの多い場所をデートに選んであげるのもおすすめです。

はぐれないように彼がそっと二の腕から引き寄せてくれたり手をつないでくれたりするチャンスを作ってあげると、一気に恋愛が盛り上がりますよ

(小日向るり子)

※画像はイメージです

小日向るり子

心理カウンセラー
フィールマインド 代表カウンセラー
正社員をしながらボランティアの電話相談員をしていました。「どんな電話も切らない」理念の中で恋愛、自死、癖、愚痴、いろいろな話を聴かせて頂きました。資格取得後はハラスメント相談員を経て現職。相談件数は2200件を超えます。悩みに大小はありません。

この著者の記事一覧 

SHARE