お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

一人称は僕、オレ、私? 彼が何を使うかで距離感がわかるかも

平松隆円(化粧心理学者)

オレ、僕、私……男性の一人称はさまざまあります。ずっと「私」を使っていた男性が、ふと「俺」を使ったことにドキッとした、なんてことも……? 編集部のアンケートでは、「女性の前では『僕』を使う」という回答も多く、男性は一人称を意識的に使い分けているよう。そこで化粧心理学者の平松隆円さんに、男性が「オレ」や「僕」を使い分ける理由について考察いただきます。

自分のことをなんと呼ぶか(=一人称)は、人によってさまざまです。女性であれば、「私」を使うことが多いでしょうか。なかには「リエは……」なんて自分の名前を使う人もいますが、さすがに職場では封印しているでしょう。

同様に、男性で自分を「ケンジは……」と名前呼びする人はめったにいないでしょうが、「私」はもちろんのこと、「オレ」「僕」「自分」と、女性に比べて男性の一人称はバリエーションが豊富です。その一人称に着目すると、彼が周囲に与えたいイメージや、相手との心の距離感が、なんとなくわかってきます。

男性の一人称=「オレ」「僕」「私」「自分」……それぞれの特徴

マイナビウーマンが社会人男性396人を対象に、「プライベートで使う一人称」についておこなったアンケートによると、一番多かったのは「オレ」(59%)、次いで「僕」(22%)、「私」(6%)、「自分」(6%)という順でした。

一人称 僕

このように「一人称・オレ」派が過半数を超えていたわけですが、この使い方の違いには、どんな理由や特徴があるのでしょうか。日本語学での先行研究(※1)も参考にみていきましょう。
※1 「日本語の一人称代名詞について」(広島大学;日本語・日本文化研修プログラム研修レポート集)、「若者における一人称の使用の様相とその機能的意味」(関西福祉大学;社会福祉学部研究紀要)

「オレ」(59%)=“男らしい”イメージ。「僕」は子どもっぽい!?

一人称 僕

「オレ」を使う男性は、プライベートに限らずどんな場面であっても「オレ」で通すことが多いといいます。さすがに取引先で「オレ」を使うことはないでしょうが、部下や同僚には「オレ」を使っているかもしれません。

理由としては、「オレ」に対して「カッコいい」「男らしい」「若い」「積極的」などのイメージをもっているからなのだとか。あるいは、「男性が使うべき一人称は『オレ』」と当然のように考えていたり、子ども時代からの習慣になっている場合も考えられます。

おもしろいことに「オレ」を使う男性は、「僕」という一人称を、子どもっぽく弱々しい表現と考えているそうです。

「僕」(22%)=“やさしい”イメージ。「オレ」呼びに強い抵抗感!?

いっぽう「僕」を使う男性は、「やさしい」「落ち着いている」「大人っぽい」といったイメージをもっているのだとか。「オレ」には上からモノを言うというイメージがあり、「オレ」を使用することに強い抵抗感があるといいます。

「僕」を使う理由として、「口当たりがいい感じがする」(37歳/クリエイティブ)、「知的な相手には『僕』を使う」(39歳/事務系専門職)といったアンケートのコメントからも、“僕”という一人称に対するセルフイメージが、なんとなくみてとれますね。

「私」「自分」(それぞれ6%)

一人称 僕

「私」を使う男性は、「ていねいで、あたりさわりがない」というイメージをもっているのだとか。たしかに、「私」はあまり男女性を感じない、ジェンダーフリーな一人称です。

また一人称に「自分」を使う男性は、「謙虚」「敬意がある」「公的」「礼儀正しい」などのイメージをもっているといいます。研究によれば、目上や初対面の人に対しては「オレ」の代わりに「自分」を使い、親密さが増してくると「オレ」をつかう傾向にあるのだとか。

次ページ:男性の多くは相手によって一人称を使い分けている

お役立ち情報[PR]