お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 働き方

転職したばかりなのに、会社に行きたくない #お仕事ハック

ヨダエリ(トレンドコラムニスト)

仕事で大成功を成し遂げたいとか、そんな大それた野望はないけど、なんとなくうまくやりたい。いつもの働き方を小さくアップデートする「お仕事ハック」を紹介します。

今回のお仕事ハックは「会社に行きたくない」という女性のお悩みに、コラムニストのヨダエリさんがアドバイス

転職したばかりなのに、会社に行きたくない

4月に転職したばかりですが、会社に行きたくないです。もう6月なのに、いまだに5月病を引きずっているのかもしれません。なんとか出社しても、やる気が出ず、仕事中ぼーっとしてしまいます。時間が解決するのを待つしかないのでしょうか。解決策はありますか?

会社に行きたくない

会社に行きたくない。ありますよ。ありますよ(2度目)! むしろ会社勤めをしていて出勤したくないと思った経験がない人なんて、この世にいないのでは。

しかも新たな環境でスタートを切ったばかりですよね。「まわりとそりが合わない」「仕事がうまくできない」「やりがいを見いだせない」などなど、悩みのタネはそこら中に転がっていると思います。

やる気が出ない原因は人それぞれ。原因を自覚している人もいれば、していない人もいるでしょう。

ただ、おそらく共通しているのは、「こんなはずじゃなかった」という想いではないでしょうか?

期待に胸を膨らませていた人ほど、現実が予想とちがうと強く打ちのめされます。

数年前、転職直後の友人が絵に描いたように落胆していました。どうしたの! と、仲間で話を聞いたのですが、彼女が語る不満のあれこれに我々ビックリ。「それ、入る前に予測できたのでは?」「そもそも職場に期待しすぎでは……」と。

と書くと、もっとシビアに考えろってことですか? 夢を見るなってことですか!?(泣)と悲しくなるかもしれませんが、そういうことではないです。

もっと長い目で、ゆっくりゆったり、職場や仕事に夢と希望を抱いていこうよ、ということ。

仕事のおもしろさや、やりがいって、自分が予想していないときに、予想していない形で出会うんですよ。

もちろん、中には「すべて思い描いた通りだ!」という人もいるかもしれませんが、レアケースですよね。ほとんどの人は、仕事への手応えを予想外の形でつかんでいくものではないかと。

つまり、5月に絶望するのは早すぎ(笑)! 今後、あなたのやる気が芽生える瞬間はきっと訪れます。

ただそのためには、社会人として最低限の責任を果たしていくことが必須。誰だって責任感のない人に仕事を任せたくはないですよね。

だから、やる気が出なくても、作業に時間がかかっても、「最低限これだけはやろう!」と決めたことはやる。

それを続けていけば、まわりの反応も、あなたの仕事に対する意識もおのずと変化するはず。スーパーでハイパーな新しいあなたは、地道な継続の先にあるのです。

ちなみに、仕事に真面目なタイプで会社員時代を含め社会人歴20年越えの私でも、「やる気が出る薬はいつ発明されるのか」としょっちゅう思ってます(笑)。そんなもんですよ!

POINT.

・深刻にとらえすぎない(常にやる気がある人はこの世にいない)
・職場や仕事のよし悪しをすぐに判断せず、長い目で捉えよう
・仕事へのやりがいは、予想外の形で出会うもの
・地道な積み重ねが、あなたを覚醒させる

(文:ヨダエリ、イラスト:黒猫まな子)

>「お仕事ハック」バックナンバーはこちら

お役立ち情報[PR]