お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

お会計のときに「モテ女」がしていること

マイナビウーマン編集部

男性とのデート時のお会計、いろんなシチュエーションがありますが、また誘いたいと思われる「モテ女」は、お会計時にどんな風に振る舞っているのでしょうか。 社会人男性に「お会計時のモテ女の行動」について聞いてみました。

払う意思を見せてくれる

・「自分もお金をしっかり払おうとしてくれる人」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「おごろうとするときに、財布をきちんと出してくれる」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

やはり、財布を出して払う意思を見せてくれる女性の印象は高いようですね。財布すら出さずに会計が終わるのを待っているのはNGです。お財布を出して払う意思は見せることで、次回も誘ってくれるかもしれません!

進んで割り勘にしてくれる

・「割り勘を求めてくる人。おごってもらって当然という人は嫌い」(30歳/金融・証券/その他)

・「何も言わずに割り勘の金額を先に払う人」(32歳/その他/販売職・サービス系)

男性から「割り勘にしよう」とはプライド的に言いづらい人も多くいます。そんなときに、女性から進んで割り勘にしてくれる場合は、男性側としてもうれしいようですね。初めてのデートのときなど、進んで割り勘にすることで好感度アップを狙ってみてはいかがでしょうか。

全部払ってくれる

・「お財布から一万円札を出して『私が出す!』と言って実際出してくれる女の子」(38歳/学校・教育関連/その他)

・「自分から会計を済ませてくれる女の子」(26歳/情報・IT/営業職)

全部お会計を済ませてくれる女性も稀にいるようです。男性からしたら珍しい経験のため、好感度は高いようです。普段奢ってもらっていたり、会計がそこまで高くなかったりする場合など試してみてもいいかもしれません。

しっかりとお礼が言える

・「支払いの意思を示して、男性が払うといったときに素直にお礼ができる」(30歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「初めから奢ってもらう前提ではなく、お礼もきっちり言えること」(34歳/情報・IT/技術職)

重要なのは「奢られて当たり前」ではなくきちんと、お礼が言える女性は好感度が高いようです。もともと奢るつもりだが、きちんとお礼は言ってほしいという男性が多いようです。「すごくおいしかった、ご馳走さま!」など、お店のチョイスを褒めるようなひとことも入れることで「モテ女」になれるかもしれません!

「次に払うねー」と言ってくれる

・「『次は私の番ですからね』と、次のデートを予感させてくれる人」(30歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「払う気がなくても、財布を出している人。またご馳走したときに「次は私が出すね」といったことを言ってくれる人」(32歳/医療・福祉/専門職)

「次回は私が払うねー」などのひとことでまた会える! と期待してうれしくなってしまう男性もいるようです。まだ帰りたくない場合など奢ってもらったら「次のお店は払うね!」と言えば2件目をスムーズに誘う口実にもなるので、うまく使っていきたいテクニックですね。

まとめ

お会計時の男性が思うモテ女の振る舞いでした。モテ女は「しっかり感謝を伝える」「次回のデートに繋げる」などしているようです。少なくとも払う意思を見せることで男性から悪い印象は抱かれないので、今回のアンケート結果を実践してみて、「モテ女」に一歩でも近づいてみてはどうでしょうか。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:304人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]