お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

気になる男性から好かれないのに、興味ない男性からは好かれる理由

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

気になる男性からは好かれないのに、興味のない男性からなぜか好かれる。そんな現象、ありませんか? どうして好きではない男性から好かれるのでしょう。この記事では、興味のない男性から好かれてしまう理由と解決方法を恋愛コラムニストの藤本シゲユキさんに解説してもらいました。

「気になる男性からは好かれないのに、興味のない男性からは好かれてしまう……。なんでだろう?」

そんなお悩みを持つ女性が多いのではないでしょうか。

実際にカウンセリングをしていて、よくいただくご相談内容のひとつです。

今回は、「気になる男性からは好かれないのに、興味のない男性からは好かれる理由」をテーマにお話しさせていただきます。

興味のない男性から好かれる理由

これには3つの理由があります。

1.興味のない相手だから、素で接することができる

その人自身の魅力は、自然体でいるときに一番発揮されるものです。

どんなに「私にはなんの魅力もない」という女性であっても、自然体でいるときは、その人自身も気づかない魅力がちゃんと出ています。

その魅力とは、優しさだったり、気づかいだったり、話し方だったり、表情だったり、人それぞれちがうものですが、その人がこれまで生きてきた中で培ってきたものなので、意識しなくても出せてしまうんです。

しかし、接している相手に好かれようとしたり嫌われないようにしたりすると、自分を作ったり、素の自分を封印したりするんですよね。

自然体とは、自分をよく見せようとしたり、嫌われないようにしたりしない、飾り気がない状態のこと。

興味のない男性だからこそ、肩肘はることなく、自然に接することができ、意識しなくても魅力を出せるというわけです。

その自然さからあふれる魅力が好意的に思われるということですね。

2.押したらなんとかなりそうだと思われた

これは、前述した自然体で接したことから、派生して起こる場合が多いです。

女性が自然体で接した場合、「自分には心を開いてくれている」と捉えられることも多く、そこから「実は俺のこと、好きなんじゃね?」と勘ちがいする男性はいまだに多いですね。

肉食系の男性ならなおさらだと思います。

そこまで勘ちがいしなかったとしても、「心を開いてくれてるんだろうし、悪くは思われてないだろう」という受け取り方になっていることも。

それが「押したらなんとかなるかもしれない」という思考につながるわけです。

ほかのケースとしては、見境なしに女性を口説くような男性や、明らかにその女性とは釣り合わないような男性が、空気を読まず言い寄ってくる場合もよくあります。

3.興味はないけど、実はちょうどいい相手

このケース、意外によくあります。

人にはそれぞれ適材適所がありまして、その人に合う人、場所、仕事などが、必ず存在します。

しかし、今の自分を客観視できず高望みをしてしまう人は、男女問わず例外なく、「今の適材適所」を受け入れることができません。

なので、理想の男性像はあるけれど、それに該当する男性には好かれたことがないのであれば、高望みをしすぎているか、後述する「性欲ベース」で相手を見ていることが原因です。

勘ちがいしないでいただきたいのは、「身の丈に合わないことをするな」と言いたいのではなく、「自分に合う人」をちゃんと考えましょうということです。

「ろくでもない男しか寄ってこない」とお嘆きの女性がいますが、どれだけ認めたくなくてもそういう相手を自分で選んでいます。

「浮気しない人と付き合いたい」という女性もいますが、そういう女性にかぎって、浮気をしない誠実な男性には興味がありません。

そもそも、友だちにもできないような異性や、信頼関係を築けないような相手のことをどれだけ好きであっても、いい恋愛関係を形成することは不可能なので、適材適所でもなんでもないと思ったほうがいいでしょう。

次ページ:気になる男性から好かれない理由

お役立ち情報[PR]