お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

優柔不断な彼。白黒はっきりさせたい女子が、彼の背中を押す方法

内藤みか(作家・イケメン評論家)

辞書で「優柔不断」をひくと、「ぐずぐずして物事の決断のにぶい・こと(さま)。-な性格」と出ます。コーヒーかお茶かで迷うくらいならいいのですが、将来の答えをなかなか出さない彼には困ってしまいますよね。決断ができないのはなぜなのか? イケメン評論家でもある作家の内藤みかさんが、決断を先送りさせないための、“優柔不断男子”のトリセツをひもときます。

友だち以上恋人未満の関係を1年も続けているのに、全然彼女にしてくれない、もう2年もつきあってるのに、彼がプロポーズしてくれない、などと、優柔不断の彼に悩む女性は多いもの。どうして彼が白黒はっきりしてくれないのかを考えてみましょう。

愛情と時間は比例しない

優柔不断な彼
そもそも、なぜ「もう○年も」というグチが出てしまうのでしょう。長く交際していればそれだけ関係が深まる、というわけではないのです。ときどき、出会って間もないのに結婚するカップルもいるように、恋愛感情というのは時間に比例していません

けれど女性のほうは、時間がたてばたつほどイライラして、男性を責めたくなる生き物。自分が損をしてしまっているかのように感じてしまうせいなのです。

K美さんもそのひとり。もうすぐ30歳になってしまうのに、恋人がなかなか結婚を切り出してくれないことで「このままじゃ婚期を逃しちゃう」と焦っています。

せっかちすぎる女性が損をする

優柔不断な彼

女性は30歳、35歳など、年齢の区切りをかなり気にします。その大きな理由は妊娠。「子どもを作りたいから30代で結婚したい」という気持ちが強いので、急いでいることが多いのです。

いっぽう男性は妊娠をするわけではないので、急いで結婚する必要をそれほど感じていません。そこに両者の大きな差があるようです。

タイムリミットを意識するあまり、女性は恋愛でもせっかちです。「彼女にするの? しないの?」と白黒つけたくて彼にせまる女性の言い分は、「ダメなら早く次にいきたいから」。

自分の想定する年齢での結婚を急ぐあまり、相手に○か×かと答えをせかしてしまいがち。けれど先を急ぎすぎると損をしてしまいます

タイミングを待つロマンチストな男性

優柔不断な彼

いっぽう、男性の言い分を聞いてみると、「彼女の気持ちはうすうすわかってる。友だちが結婚したとか、なにかと結婚の話題を出してくるし……。はっきりしなきゃ悪いなとは、わかっているんだけど」と、女性の思いは伝わっているようす。

「結婚するなら彼女だろうなと思ってはいるんだけど」と言うのに、なぜゴールインへ踏み切らないのでしょうか。

実はその理由は、「いまだ! というタイミングがないので、切り出す理由が見えない」というものでした。恋人のままでもじゅうぶん楽しいので、双方の親へのあいさつや披露宴の手配などで忙殺されそうな結婚にしり込みしてしまうのです。

特に、仕事で多忙なときには、結婚のあれこれは、避けたがるのです。

次ページ:ベストなタイミングはいつ?

お役立ち情報[PR]