お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白に失敗したら読んでほしい「気まずくならない5つの心得」

マドカ・ジャスミン

気まずくならないための「5つの振る舞い方」とは?

いざ告白し、見事に玉砕。

普段から相手とさほど接点がなければ、心配事はありません。が、友人や同僚など生活圏が同じだった場合、大なり小なり気まずさを抱いてしまいますよね。

私も同じ友人グループに属していた人に告白したあと、気まずさで精神がだいぶ荒んでいました。

自分が気まずいと感じていれば、相手も気まずいと感じています。裏を返せば、自分が平静であれば、相手もまた平静なのです。

それを前提にした上で気まずさをなくし、告白前と変わらぬコミュニケーションを取るための具体的な方法はこちらです。

(1)告白前と連絡頻度や口調を変えない

急に連絡頻度に増減させたり、口調をよそよそしくしたり、反対に馴れ馴れしくしたりすると、相手も変に意識をしてしまいます。

対面とちがい、LINEなどでのコミュニケーションは相手のバイアス次第で誤解を招いてしまうので、変化を感じさせないようにするのがいいです。

(2)堂々とした態度で過ごす

そもそも、人に告白することや、好意を伝えることはなんら恥ずかしくもありません。むしろ、相手にそれらを伝えられたのなら、誇るべきではないのでしょうか。

フった側が勝ち、フラれた側が負けなんていう認識はお子ちゃまの考え。

「好きだよ。それで?」と開き直ったほうが、相手も気まずさを抱かないでしょう。

(3)SNSにフラれたことを匂わせる内容を投稿しない

いくら限られた友人のみのアカウントだとしても、フラれたことを匂わせる内容を投稿すると、人づてにそれが彼本人に伝わってしまう可能性が大いにあります。

そうなると、彼から「面倒くさい女」というレッテルを貼られ、疎遠になってしまう原因にもなりえます。

(4)2人で会う約束を自分から取りつけない

告白前のデートを自分から誘っていたなら、なおさら自分からはいくら下心がなくとも誘うのは一旦止めてください。

フった直後からガツガツと来られると、相手の警戒心は最大値に引き上げられてしまいます。どうしても誘いたいならば、複数人で会う形がベター。

(5)彼との共通の友人にフラれたことを言いふらさない

いくら秘密にしても、噂話、特に色恋沙汰がテーマだと凄まじい勢いで拡散します。

自分にとっては結果報告でも、それが巡り巡ると自分の知らないところでその話題になり、彼は友人にイジられてしまうことも。

リスクヘッジも考え、話すとしても信頼できる少人数のみに。

次ページ:失敗しても諦めきれない貴方へ

SHARE