お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男性がイラッとする「女性のスキンシップ」

北原 古都那

好きな人を目の前にすると、男性とスキンシップを取りたいと思う女性も多いでしょう。しかし、スキンシップといっても、あまりにも行きすぎた行動を取ってしまうと、男性をイラッとさせてしまう原因になることも。今回は、女性が男性をイラッとさせている原因となるスキンシップを聞いてみました。

人前なのに平気でイチャついてくる

・「人前なのにイチャイチャするということ」(29歳/公務員/学校・教育関連)

・「人前でのスキンシップは基本的に迷惑なのでイラッとします」(34歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

基本的に男性は、彼女とイチャついている姿を誰かに見られたら恥ずかしく感じるなど、意外とまわりの目を気にしがち。そんな彼の気持ちを無視して、彼女が自分本位に彼氏にくっついていたら、それが彼を苛立たせる原因となっているのかもしれません。

髪や頭を触ってくること

・「髪の毛を触りたがるのは勘弁してほしい」(35歳/運輸・倉庫/その他)

・「髪を触られるような行為は髪型が乱れるから、嫌」(38歳/建築・土木/技術職)

女性は男性に頭を撫でられたり、触られたりする行為を喜ぶ傾向にありますが、男性はその逆です。最近は、身だしなみのために髪型をしっかりとセットしている男性が多いので、髪や頭を触られるとせっかくセットした髪型も崩れてしまうため、不快に感じる男性も多いのだとか。

むやみに抱きついてくること

・「女性からされてイラッとするスキンシップは抱きついてくること」(29歳/建築・土木/技術職)

・「むやみやたらと身体に抱きついてくること」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

抱きつくというのは、恋人同士なら当たり前のスキンシップだと思っている女性も多いのではないでしょうか。もちろん男性だって、抱きついてきてくれることに関しては嫌だと思ってはいません。しかし、何かに集中しているとき、疲れているときなど、女性が抱きついてくるタイミングによっては鬱陶しく感じることがあるようです。

浅い関係なのにボディタッチをしてくること

・「会って間もないのにボディタッチをしてくる女の子」(30歳/建築・土木/技術職)

・「付き合ってもないのに過度なボディタッチ。足を触るなど」(33歳/機械・精密機器/技術職)

まだ出会って間もない、付き合っているわけでもない女性からのボディタッチは、男性をイラッとさせる原因に。これは男性と女性が逆のパターンでも同様です。ボディタッチは、相手に自分を意識させるキッカケになる一方で、相手との関係性次第では遊び慣れている? と思われる行動になるのかも。

強めに叩いてくること

・「必要以上に叩いてくる。痛いのでイライラする」(32歳/自動車関連/その他)

・「こちらが疲れているときに執拗に叩く」(34歳/飲料・食品/技術職)

会話の中で笑ったときにポンと身体を叩く、つっこみを入れるときに叩くような経験はないでしょうか。楽しく笑いながらスキンシップができる反面、力加減を間違えて相手を叩いてしまうと、男性はその女性に対していいイメージは持ちません。むしろ、暴力的な女性ととらえられてしまう可能性大。

まとめ

男性が女性にされるとイラッとしてしまうスキンシップをご紹介していきました。女性側からしたらうれしいと思うスキンシップでも、男性によっては嫌だと思われていることも多いようです。そのため、男性の気持ちをしっかりと見極めて、相手をイラッとさせることのないスキンシップを心がけるようにしましょうね。

(北原 古都那)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:284人(22~39歳の働く男性)

 

お役立ち情報[PR]