お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

パーソナルスペースとは? 男女別の特徴と心理、恋愛に生かすコツ【図解付き】

高見綾(心理カウンセラー)

パーソナルスペースとは、他人が入ってくると不快に感じる距離感のこと。恋愛や会社での人間関係に悩む人は、パーソナルスペースを理解することでコミュニケーションが円滑になる場合もあります。今回は、男女における空間認識の違いや心理、恋愛で使えるアプローチ方法などを解説します。

恋愛や人間関係において「距離感が難しい」と悩む人は多いです。

たとえば職場で会話していたところ、距離が近いと感じて思わずのけ反ってしまった、という経験はありませんか?

「パーソナルスペース」について知ることで、人間関係だけでなく恋愛自体をうまくいかせることができます。

そこで、今回は空間認識の男女差や恋愛においてすぐに使えるアプローチ方法などを解説します。

パーソナルスペースとは

まずは、パーソナルスペースの基本的な意味と定義、男女差、国別の違いについて解説します。

パーソナルスペースの意味

電車で、両隣を他の人と接する真ん中の席よりも、端の席に座りたくなる経験をしたことがあると思います。

パーソナルスペースとは、他人が入ってくると不快に感じる距離感のことをいいます。

この空間の大きさは個人によって差がありますし、また、相手によって距離感を使い分けます。

傷つかずに自分を守れる距離でもあるので、面識のない人や親しくない相手が入ってくると、「傷つく恐れがある」と警報アラームが鳴ります。そのため近すぎる、嫌だ、ウザい、逃げたい、といった気持ちが生じます。

一方で、好きな人が入ってきてくれると、安心したり、うれしくなったり、愛やつながりなどの親密感を覚えられる場所でもあります。

恋人同士でも親密感を感じられる距離は異なるため、一方がちょうどよくてもう一方が寂しいと感じることもあるのです。

パーソナルスペースの種類

パーソナルスペースは、アメリカの文化人類学者のエドワード・T・ホール氏によって大きく4つの種類に分類されました。

ここでは、それぞれの距離について紹介します。

密接距離(0~45cm程度)

密接距離とは、ごく親しい相手にのみ許される距離感を示します。

手を伸ばさなくとも相手に触れられるような距離であり、恋人とキスやハグをする場合をイメージすると分かりやすいかもしれません。

個体距離(45cm~1.2m程度)

個体距離とは、相手の表情が読み取れる距離感を示します。

例えば、友人や親しい同僚と話す時などが挙げられ、手を伸ばせば相手に届く距離だといえるでしょう。

社会距離(1.2~3.5m程度)

社会距離とは、相手に直接手を触れる距離ではないものの、気軽に会話できる距離を示します。

例えば、職場における上司との距離感、仕事の商談をする場合の距離感などが挙げられるでしょう。

公衆距離(3.5m以上)

公衆距離とは、公の場など複数の相手が見渡せる空間での距離を示します。

つまり、相手と自分の関係性が個人のつながりではなく、セミナー登壇者と聴衆のような関係などが当てはまるといえるでしょう。

この場合、コミュニケーションに適した距離は3.5m以上といわれています。

次ページ:男女によるパーソナルスペースの違い

SHARE