お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「売れ残り女」になりたくない! 5つの特徴と回避のコツ

仁科友里

結婚から遠ざかる女性の特徴

今の時代、必ず結婚をしなくてはいけないというわけではありません。なので、結婚願望がない、または結婚をしていないからといって「売れ残り」という言葉に怯える必要はありません。

ただ、結婚願望があるにも関わらず、結婚から遠ざかる女性がいます。

おそらくみなさんがイメージするのは「性格が悪い」「クセがある」といった「自分の内面」の特徴でしょう。

しかし、「性格が悪いから、結婚できない」というような、性格と結婚の因果関係はありません。周囲を見渡してみてください、性格が悪くても、結婚している人は山ほどいるでしょう。

結婚は、自分にとってメリットがある相手だと思われれば成立しますから、性格を変える必要はありません。

それでは、婚活上で何がマイナスになるかというと、「自分との付き合い方」や「物の見方」です。視点がずれていたり、思考回路にクセがありすぎたりすると、他人とうまく付き合えなくなってしまいます。

具体例を挙げてみましょう。

(1)褒められたがる

誰だって褒められたらうれしいものですが、褒められたいという気持ちは、他人に評価してもらわないと満足できないという、一種の依存でもあります。

そもそも、褒められたとしても、それは社交辞令であって本心とは限りません。そこに気づかないで、褒めてくれる人、人から褒められるような条件のいい人ばかり求めると、詐欺師のような男性に引っかかるか、男性のアラばかりが目についてしまいます。

また、褒められたい気持ちが強いほど、人に悪く言われていないか、常に気になってしまうでしょう。何かをするときに、「人に褒められること」を基準としていないか、一度考えてみてください。

(2)行動が遅い

誰かを食事に誘ったとして、返事がないとします。一般的には「行きたくないという意思表示だ」と解釈されますが、そうではなくて、単にレスポンスが遅い人がいます。

親しい友人であれば「そういう人だから、しょうがない」と思ってくれるでしょうが、婚活で一度出会った程度の関係の人は「脈がない」と思って、去って行ってしまいます。

レスポンスが遅い人は「どう返事を書こうか、迷っていた」「おもしろいことを言いたかった」を理由にしますが、まず考えてほしいのは「返事が来なかったら、相手はどんな気持ちになるか」なのです。

「どう返事を書こうか」というのは、自分がどう見られるかばかりを気にして、相手の気持ちに鈍感と言わざるを得ません。

(3)お礼を言わない

婚活でも仕事でも「助けてくれる人」がいるに越したことはありません。

もちろん、そのヘルプが必ずしもあなたの期待に沿うとは限らないです。しかし、相手の立場から考えると「わざわざ労力を割いてあげた」わけですから、礼儀として「ありがたいフリ」「喜ぶフリ」をしたほうがいいと思います。

「助けてくれる人」のいいなりになれという意味ではなく、感謝の気持ちを伝えることが大切ということです。もし、期待に沿わないヘルプだったとしても、喜んだあとに「せっかくですが」とお断りすれば角が立ちません。

(4)何もしない

ウソみたいな話だと思われるかもしれませんが、「結婚したい」「婚活中」と言いながら、実際は何もしない人というのは多いのです。

仕事をして週末は趣味にいそしんでいると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。婚活は時間との戦いでもあるので、将来を考えられるような彼氏ができるまでは、ある程度婚活を優先したほうがいいと思いますよ、とお話しすると、「趣味をやめろということですか?」とおっしゃる方もいます。

こういうとき、「結婚したいと言っている男性が、婚活をしないで週末は趣味に時間を費やしていたら、どう思いますか?」とお聞きすることにしています。きっと「結婚する気がないように見える」と思うでしょう。

自分の行動を、相手がしていたらどう感じるかを考えるクセをつけましょう。

(5)親とものすごく仲がいい、もしくは悪い

結婚は親が作った家庭から離れて、新たな家庭を作ることです。

親と仲がよすぎると、他人の入る余地がありません。逆に毒親育ちの場合、思考がゆがんでいるので、コミュニケーションがうまくいかなかったり、親が彼氏に文句をつけてきて、交際を壊したりします。

ご両親が男女交際にいい顔をしない、彼とのセックスを親に報告している、もしくはセックスしていることを親に責められるような環境にある人は、要注意です。

「売れ残り」になりたくない! 結婚するにはどうすればいい?

婚活がうまくいかないとおっしゃる人は、総じて他人とのコミュニケーションが苦手です。

ここでいうコミュニケーションとは「おもしろい話をして、笑わせる」「友だちがたくさんいる」という意味ではなく、「人と会話をする」という意味です。

自分ひとりで考えていると、被害妄想気味になったり、劣等感が募ったりします。いろいろな人と話して、いろいろな年齢や立場の人と話をしてみてください。会話をすることで、自分の思い込みに気づくことができるでしょう。

結婚がすべてではない

「結婚をすれば、もれなく幸せになれる」という考え方をしている人は減ってきたと思いますが、「結婚をすれば、なんとなく安定する」と思っている人は、まだ多いのではないでしょうか。

残念ながら、あなた自身が自立していなければ、夫婦として安定した生活を送ることはできないと思います。

物事をゆがめて解釈するクセがあると、他人との生活が必要以上にストレスフルなものになってしまうのです。

結婚は万能ではなく、人生の選択肢のひとつでしかありません。どんな人生を選ぶにしても、人と関わらないと生きていけない以上、自分と相手の気持ちを同時に考えるクセをつけてほしいと思います。

(仁科友里)

※画像はイメージです

仁科友里

1974年生まれ。会社員を経てフリーライターに。OL生活を綴ったブログが注目を集め、2006年に『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。『サイゾーウーマン』『週刊女性』『週刊ポスト』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿。自身のブログ、ツイッターで婚活に悩む女性たちの相談にも答えている。
ブログ「もさ子の女たるもの」(http://ameblo.jp/nishinay-127/
Twitterアカウント @_nishinayuri

この著者の記事一覧 

SHARE