お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

「塩顔女子」を芸能人で例えると? 似合うメイクと髪形を解説

上田麻里(美容ライター)

塩顔女子に似合うメイク

塩顔女子は、癖がないので化粧映えしやすく、メイク次第で印象をがらっと変えることができます。すっきりとした印象をベースにしつつ、すっぴんに見えないようなナチュラルメイクに仕上げれば好感度UPまちがいなし!

(1)素肌っぽいツヤを残したベースメイク

色白で透明感のある肌は、塩顔女子ならでは。ベースメイクは薄めにし、素肌感が残るくらいに仕上げるのがポイントです。

ツヤの出るリキッドファンデーションを気になる部分だけにのせて、軽くパウダーをかける程度のナチュラル感がベスト! 鼻筋や眉下から目尻の高い部分にはハイライトをのせて、立体感を出すといいでしょう。

(2)切れ長を活かしたアイメイク

塩顔女子は、一重もしくは奥二重の人が多いので、目元は縦ではなく横幅を活かした切れ長をイメージしてください。

アイシャドウは、肌なじみのいい淡いベージュなどを選び、グラデーションは控えめにしましょう。ただ、あまり薄すぎると目力がなくなってしまうので、目のキワはペンシルアイライナーなどでしっかりと締めてくださいね。

マスカラは、目尻に向かって長くなるようにのせ、セクシーな印象に。目を開けたときに、上まぶたのアイシャドウがあまり見えないという人は、下まぶたにも軽く明るめのカラーを入れると目元がよりキレイに見えますよ。

(3)主張しない程度のナチュラル眉に

塩顔さんは、比較的色素が薄く、自眉も薄めという人が多いため、ふんわりとナチュラルに描くのがポイントです。

パウダーアイブロウや淡い色味のペンシルを使って柔らかい印象に仕上げましょう。ある程度太さは出しつつも、主張しないくらいがバランスよく仕上がります。

(4)リップでなりたいイメージに!

リップは、あっさりとした顔立ちを活かして、ベージュや淡いピンクなどで自然な血色感を出すとよく馴染みます。

一方で、塩顔の女性は地味に見られがちなところがあるので、トレンドの赤リップを取り入れてみるのもオススメ。がらっと印象が変わりますよ!

目元やチークなどは薄めにし、リップだけ濃いカラーをのせてメリハリをつけるのがベスト。イベントのときなどに取り入れてみると、そのギャップに心を奪われる人が続出……!?

次ページ:塩顔女子に似合う髪形

お役立ち情報[PR]