お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 本・マンガ

2019年に流行りそうなマンガ9選

フォルサ

女性が思う、これから流行りそうなマンガとはどのような作品なのでしょうか。今回は、女性たちに2019年の流行を期待するマンガを、理由とともに聞いてみました。

現代の女性を描いた作品

・「『はぐちさん』。疲れたときは、はぐちさんの言葉が染みるから、疲れた女性に受けると思う」(29歳/情報・IT/営業職)

・「『凪のお暇』。主人公が現代女性のリアルを現している」(30歳/機械・精密機器/技術職)

現代の女性をリアルに描いた作品。不思議な生き物「はぐちさん」とハードな仕事で疲れている八千代さん。等身大の八千代さんに自身を投影しつつ、はぐちさんに癒される女子が多いよう。「凪のお暇」の主人公、凪が仕事も辞めて引っ越し、彼氏から逃げだしたことから始まるストーリー。こちらもやはり、凪に自身を重ねてしまい、先が気になってしまうようです。リアルだからこそ「あるある」などと共感する部分も多く、流行りそう! と思わせるのかもしれません。

映像化したことをきっかけに

・「『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。映画化もされたので」(30歳/小売店/技術職)

.「 『MIX』。アニメも放映されるので」(36歳/商社卸/秘書・アシスタント職)

「ダンまち」こと、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、小説として発表された後、コミックが発売。今年2月に映画が公開されましたし、テレビアニメも第2弾が夏から放送されます。また、「MIX」は、1980年代に一世を風靡したあだち充の「タッチ」で舞台となった明青学園の、30年後を描いていて、今年4月よりテレビアニメとして放送されます。

映像化は、原作のマンガが注目されるきっかけになりますよね。さらに、この2作品はもともと話題となる背景があるので、映像化することで、人気が広まる可能性が高いと思われます。

再燃が予想できる作品

・「『進撃の巨人』。終わりが近いので再燃しそう」(30歳/その他/その他)

・「『ドラゴンボール』。一周回ってウケそう」(30歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「『君はペット』。また流行りそう」(30歳/農林・水産/営業職)

「進撃の巨人」「ドラゴンボール」の2作品は、ここで敢えて言うまでもなく、海外でも大人気。ブームが再燃するポテンシャルは充分です。

「君はペット」は2003年と2016年日本でドラマ化され、韓国でもチャングンソク主演で映画化された作品です。いつになっても仕事に疲れたオトナ女子にとって、美少年のペットに癒してもらうのは、理想なのかもしれません。

物語が魅力的な作品

・「『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』。両想いなのに素直になれない主人公2人の恋愛頭脳戦がバカバカしくも面白くて笑えるから」(34歳/その他/その他)

・「『トクサツガガガ』。戦隊ものに興味がなくても、好きなものにのめり込む叶ちゃんのようすに思わず見てみたくなる!」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『ジモトがジャパン』。地元のネタが楽しい」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

3作品のいずれもコメディー。テンポがよく、気軽に楽しめるところが魅力のようです。「トクサツガガガ」はすでにNHKがドラマ化、「かぐや様は告らせたい」は今年9月に実写映画化、「ジモトがジャパン」は今年4月からテレビアニメ化されます。この点も、2019年に流行りそうと思わせる理由ですね。

まとめ

今回のアンケートでは、特定の作品が集中的に指名されることなく、多くの作品が挙がりました。その中でのキーワードは「映像化」と「働く女子のリアル」。どの作品が実際に流行るのかは、これからのお楽しみですね。

(フォルサ)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年2月15日~2月17日
調査人数:87人(22~39歳の女性)

お役立ち情報[PR]