お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コラム 片思い

【少女マンガに学ぶ脈あり脈なし】第1回『のだめカンタービレ』

和久井香菜子

少女マンガを読んで、萌え萌えするだけではもったいない! ここには恋のノウハウが詰まっているのです。「魅力ある人物像」を追求している少女マンガだからこそ、恋愛の教科書にするべきですよ。片想い中に悩む「脈あり」「脈なし」について検証する連載です!

こんにちは、少女マンガ攻略・解析室室長の和久井香菜子です。

恋をすると、相手のことが気になって仕方がないですよね。「この態度は気があるってこと?」「あんなこと言うのは、嫌われてるってこと?」と、もう一挙手一投足が頭の中をグルグル……。

しかし私、男性の「脈ありサイン」がまったくわからないのですよ。5年くらい経っていきなり寝ている最中に思い出し、ガバッと起き上がって「ハっ! あれはもしや……!」みたいことは何度かありますが遅すぎです。その頃には彼はすでに別の女性と結婚してます。恋愛はタイミングですから、その時その時にガシッと掴んでおかないといけません。

私は少女マンガ攻略・解析室の室長として、萌え萌えの少女マンガ脳を花開かせるだけではなく、リアルにも活かさねばならないでしょう。蓄えに蓄えた少女マンガデータを、今こそ使うときが来たのです。

というわけで今回から始まりましたこの連載では、男性キャラの行動から読み解く、「脈あり・脈なしサイン」や、脈なしを脈ありに変えたヒロインたちのテクニックをお届けしようと思います。アナタの恋の参考になれば幸いです。ただし、あくまで元ネタは少女マンガだということをご承知くださいませ。

■今週の教科書『のだめカンタービレ』

ご存じ、クラシック音楽の概念を根底から覆した、二ノ宮知子先生の代表作です。音楽大学の秀才・千秋先輩と、素材はいいのに花開かない野田恵こと“のだめ”や、そのた愉快な仲間たちの物語。

改めて読んでみると、のだめ、すごいです。部屋はゴミ屋敷、お風呂は1日おき、髪の毛は4日に1回洗うのみという、ドブネズミ女です。これはいけませんね。おしゃれかどうかは別として、清潔にしているかどうかってすごく重要ですよ!

一方で、隣の部屋に住んでる千秋先輩は、美しい部屋で美しい音楽を聴き、意識高い系の生活をしています。

のだめは千秋先輩に猛プッシュですが、そんなにうまくは行きません。のだめにはかなり冷たい千秋先輩。それなのに懲りずに追いかけ回すのだめ。人によっては「なぜあんなに冷たくする男がいいのか」と思うようです。

■千秋先輩の脈ありサインとは?

しかし先ほど読み返していて、そのものずばりなシーンを発見しました。
のだめは、千秋先輩によく料理を作ってもらっています。それを知ったバイオリニストの峰くんが、

「す……すげぇ!! それって脈あるんじゃねーのか!?」

「普通キライな女に料理なんかしねーって」

と叫びます。

なるほど。
確かに料理っていうか、千秋先輩はのだめの面倒をよく見てますね。
これは「脈ありサイン」でしょう。

女子が困っているときにを手助けしたくなるか」。これですよ。

■のだめに学ぶ脈なしを脈ありにする方法

気をつけなければいけないのは「なんの努力もせずに『やってぇ~』はダメ」ということです。

のだめは千秋先輩を追いかけ回していますが、それ以上に大事なことがあるんです。ピアノに対する情熱は、どうやら千秋先輩への恋心よりも上のよう。ピアノに夢中になって彼をほったらかすこともしばしばです。なにもかも放り投げて千秋先輩を追ってるわけじゃないんですよね。そこが、千秋先輩がのだめを好きになった大きな理由だと思います。

努力している人のことは応援したくなるもの。部屋でゴロゴロゲームやってるニートに「俺の人生応援してくれよ」と言われても「いやその前にやることあるだろ?」って思いますよね。だけど必死に頑張っているスポーツ選手のことはみんなもう大好きじゃないですか。

一生懸命何かに打ち込みつつ、「ごめん……、これ手伝って欲しいの」とか言ったら、脈なしも脈ありに変わるかもしれません。だって助けてあげたくなっちゃうでしょう、そんな健気な人のことは。

■今週のまとめ

・脈ありサインは「男性が自分の面倒をみてくれるかどうか」に注目するべし!

・脈なしを脈ありに持ち込むには、相手を追いかけ回すばかりでなく、ほかに世界を作りつつ、そちらに熱中する姿も見せる。で、大変なときはすかさず頼る!

男は、「追えば逃げる、逃げれば追う」のハンター体質らしいですからね。のめり込みすぎは危険です。

(文・イラスト/和久井香菜子)

★次回の『少女マンガに学ぶ脈あり脈なし』は7月12日(火)掲載予定です、お楽しみに!

バックナンバーはこちら

 

お役立ち情報[PR]