お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

デートを割り勘にする男性心理とは。結婚向きかの見分け方

にらさわあきこ(文筆家、美容研究家)

気になる男性とデートをしたら、「お茶代を要求された」「ご飯が割り勘だった」など、支払いに関する問題は心をザワつかせますよね。割り勘を要求する男性は、どういう心理なのでしょうか? イマドキの恋愛や婚活事情にくわしい文筆家のにらさわあきこさんと一緒に考えていきましょう。

脈なし? デートで割り勘にする男性心理とは?

他意はない、慣れてない

一番多いのは、「他意はない」ケースです。女性慣れしてない男性の場合、そもそも「デートで男性がお金を多く払う」という考えがありません。世の中には、「男性同士でしか」「職場でしか」お茶や食事に出かけた経験がない人というが多数います。そこでは割り勘が当たり前なので、それ以外の払い方があるとは思いもよらないのです。彼の恋愛経験や職場環境などについて話を聞いてみましょう。

緊張している

婚活などの場面では、「緊張しているから」というケースも多いです。結婚相談所の相談員さんからよく聞く話では、いくら「お茶代は男性が払うのよ」と指導しても、「忘れていました」「女性が私の分ですと出してきたので受け取りました」などと言ってくる男性がとても多いそう。それどころか、「払うつもりでいたのに、緊張して払いそびれました」という報告もあるほどだとか。彼の緊張度を推しはかってみましょう。

女性も払うべきだと思っている

男性の中には「女性も男性と同額を支払うべきだ」と考えている人もいます。特に、女友だちが多くいる男性は、女性と一緒に過ごしてきた時間も多いので、割り勘が身に染みついているのですね。また、趣味が多い男性も、デート以外のプライベートでお金を使う場面が多いため、デートでの支払いがシビアになる可能性があります。

お金目当ての女性を見極めたい

収入の高い男性の中には、お金目当ての女性を見極めたいと考える人もいます。付き合った後は男性が払うのだけれど、付き合うまでは「その女性がお金目当てかどうか」を見たいので割り勘にするのです。中には、収入が低いからこそあえて、「お金目当てでないかをチェックしたい」男性たちもいます。その場合は、付き合った後も割り勘にすることもありえます。

好きでない、楽しくなかった

合コンなどでもある話ですが、その女性を「好きではない」「気に入らなかった」から割り勘にする男性たちはいます。「楽しくなかったから、払ってもらった」とか、「今日は楽しめたから、払うよ」などという声があるのは事実です。

次ページ:割り勘にする男性とは結婚してもいいの?

お役立ち情報[PR]