お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 結婚

結婚挨拶で彼ママに聞かされた話 #彼ママ事件簿

パンジー薫

「彼ママ」……それは幸せな結婚をつかむために、必ず攻略しなければいけない壁。いわばラスボス。知られざる彼ママの生態や攻略法を知って、彼とのゴールインを目指そう! 彼氏だいちゅき乙女・ぴぴ子(27歳)が、毎回ひとりゲストを招き、彼ママとの間に起きた珍事件を教えてもらいます。

登場人物

ぴぴ子(27歳):付き合って3カ月目の彼氏が盲目的に好き。いつか結婚できると信じてプロポーズを待ち続けている。素直で愛嬌があるが、たまに失言をしてしまう一面も。

今回のゲスト・レイナ(27歳):ぴぴ子の高校時代のクラスメイト。秘書歴7年のベテランOL。付き合って3年になる彼氏と結婚予定。週1で座禅の修行中!?

ぴぴ子:マイナビウーマン読者のみなさま、こんにちは♪ ぴぴ子です。もうすぐひな祭りですね。ひな祭りといえば「ひな人形をしまうのが遅れると婚期が遅れる」なんて笑えない言い伝えがありますが、ぴぴ子がいまだに独身なのはこれが原因なのかもしれません。帰ったらお母さんを鬼詰めしたいと思います。さて、今回はどんな彼ママエピソードが聞けるのでしょうか?

レイナ:そんなの、ただの迷信に決まってるでしょ。くだらないこと気にするなんて、ぴぴ子は相変わらずね。

ぴぴ子:くだらないってひどい! でも、レイナちゃんだってまだ独身じゃない。もしかしたら昔、お母さんがひな人形をしまう時期が遅かったのかもよ!?

レイナ:ないない。だって今年結婚する予定だし。

ぴぴ子:えっ、付き合って3年の彼氏にとうとうプロポーズされたの!?

レイナ:クリスマスにね。それで、お正月に彼の実家に挨拶に行ってきたわよ。ふふ。

ぴぴ子:いつのまにかぴぴ子の10歩くらい先を進んでいたなんて!

レイナ:悪いわね、ぴぴ子。私が先に結婚することになりそうよ。

ぴぴ子:あ~ん、うらやましすぎる~! ということは、超関門「実家への挨拶」もクリアしたんだね!

レイナ:ううん、実はその日は散々だったわ。

ぴぴ子:どういうこと?

レイナ:そもそも、実家へ挨拶に行くことになったのがプロポーズのすぐあとだったの。プロポーズをOKしたとはいえ、まさかそんなにすぐ実家に行くとは思わないじゃない? 彼に「じゃあお正月は俺の実家に挨拶へ行こう!」と言われたときは、思わず「ちょ、待てよ!」ってキムタクになったからね。そんな感じで心の準備がないまま挨拶の日がやってきたの。

ぴぴ子:ぴぴ子はまだ結婚の予定もないけど、彼ママに会うための心の準備期間は1年くらいほしい。

レイナ:しかも彼のご実家は由緒正しい家柄で、都内の高級住宅街にある一軒家。一方の私は、郊外の中流家庭でのほほんと育った田舎娘よ。

ぴぴ子:たしかに家柄がちがいすぎると引け目に感じるね。で、彼ママはどんな人だったの?

レイナ:生粋のお嬢さま育ちって聞いてたから、厳しい人だったらどうしようって不安だったんだけど、会って話してみたら意外におっとりしている人だったわ。

ぴぴ子:お高くとまる嫌味な彼ママじゃなくてよかった!

レイナ:うん、でもね……。ご実家の居間に通してもらってから1時間、どんな目にあったと思う?

ぴぴ子:えっ。まさか大金の入ったスーツケースを差し出されて「これで息子から手を引いてください」と言われたとか!?

レイナ:そんな闇深い展開じゃなかったわ。なんと……1時間ずっと「彼ママの身の上話」をされたの! 私が生まれ育った街はどうのこうの、あの時代はどうのこうの~ってね!

ぴぴ子:彼の生い立ちならまだわかるけど、彼ママの生い立ちは1時間も聞きたくない!!

レイナ:私はうっかり正座して聞きはじめちゃったもんだから、足も崩せないし話は長いしで、最後のほうは気をそらすために「これは座禅なんだ。私は座禅をする修行僧なんだ」って脳をごまかし続けてなんとか乗りきった感じ。

ぴぴ子:1時間後に立ち上がったときの状況を考えるだけでつらい。そんなとき、彼は何をしていたの?

レイナ:のんきな顔で、実家の犬の散歩に出ていたわ。ちょうど散歩の時間だったみたいで。

ぴぴ子:結婚の挨拶で来たのに、犬の散歩が最優先なの!?

レイナ:幸い、ちょうど彼パパが帰ってきたおかげで、正座開始から1時間弱で彼ママから解放されたけどね。

ぴぴ子:よかった~。彼パパ、ナイスタイミングだね!

レイナ:ほんとに! 一瞬、彼パパが仏様に見えたから「もしやこれがいわゆる悟り?」って勘ちがいしそうになったわよ。身の上話は中断されたけど、彼ママは「今、5歳の思い出話をはじめたところだったのに~」って話し足りない様子だったわ。

ぴぴ子:待って、1時間弱でようやく5歳!? 彼ママの幼少期にいったい何が!?

レイナ:悪い人じゃないんだけど、あのときは本当に困ったわよ。だから彼ママから解放されたあと、彼を庭に呼び出して「なんで助けに来てくれなかったの!?」「お母さんの話、長すぎるからなんとかしてよ!」「犬の散歩と私、どっちが大事なの!?」って怒っちゃった。

ぴぴ子:で、でたー! 彼ママが原因でカップルのケンカが勃発しちゃうやつ。

レイナ:そのあと彼も反省していた様子だったからよかったんだけど、問題は庭で彼に詰め寄っていた姿を、隣の家のおばさんに見られていたことなの。

ぴぴ子:お隣さんに!? 絶対聞こえてるし、彼ママに告げ口するじゃん!

レイナ:そう思うよね? だから後日、菓子折りを持ってお隣のおばさんの家を訪問したんだ。そうしたら……

ぴぴ子:ごくり。

レイナ:「待ってたわよ」って、最初から私が来るのを知っていたかのように、不敵な笑顔で迎えられたの。

ぴぴ子:何それ怖すぎる~!!

レイナ:弱みを握られた私は、それから週に1回、そのおばさんの家に行っているの。

ぴぴ子:週1も!? あの現場で見聞きしたことを口止めしてもらうため?

レイナ:そう。そして「隣のおばさんの身の上話」を夕方まで聞いて帰っているわ……。今のところ2回お邪魔したんだけど、ようやく3歳のエピソードまでたどり着いたところよ。

ぴぴ子:彼ママの身の上話より長いという悪夢!

レイナ:でもおかげで、あの年代の女性がどうやって生きてきたのか、何を感じているのか理解することができたかな。ちょうど彼ママも同じ年代だし、次に会ったときはもっと楽しく話ができそうだと思っているの。彼ママに関する情報もたくさんゲットしたしね。実は彼ママ、クールに見えるけど人気男性アイドルグループの大ファンなんだって。

ぴぴ子:えっ、あのアイドルグループ、レイナも好きじゃん!

レイナ:そうなの。だから話が合うかなって。

ぴぴ子:隣のおばさんに目撃されたときはどうなるかと思ったけど、彼ママと仲よくできそうでよかったね!

レイナ:うん。私、彼ママ世代の女性と話すのがあんなに楽しいなんて知らなかった! だからぴぴ子も、彼ママの話がどんなに長い身の上話でも、私みたいに失礼な態度はとらないで。彼を生んだ女性がどんな人なのか、彼のルーツを探す視点で聞いてみるときっと楽しいと思う。

ぴぴ子:彼のルーツを探るか、なるほどね~。たしかに彼ママはラスボスだけど、彼を育てた人物でもあるもんね。彼を知るには彼ママを知るのが一番の近道と思えば、彼ママの話も苦じゃないかも。なんだか、ぴぴ子も早く彼ママに会いたくなってきちゃった!

レイナ:その意気よ! でも、ひとつだけアドバイス。彼ママの話を聞くときは絶対に正座は避けること。

ぴぴ子:わかった。というか、さっきから思っていたんだけど、レイナ正座しながら宙に浮いてない?

レイナ:えっ……?

ぴぴ子:まさか週1の修行(※おばさんの身の上話を聞く)の成果が……。

レイナ:うそ、これって……

ぴぴ子:うん、多分これが……

レイナ&ぴぴ子:「悟り」……。

(文:パンジー薫、イラスト:まめ)

※登場人物の設定は一部フィクションです

お役立ち情報[PR]