お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 出会い

「悪い男」を見極める究極の質問って?

マイナビウーマン編集部

こんにちは、マイナビウーマン編集部のあーりんです。

ダメ恋愛を繰り返す私は、同じくダメ恋愛常習犯の後輩さちこを引き連れて、歌舞伎町に来ています。

なぜなら、あのホスト界の帝王ローランドさんに会うため。一晩で4,000万稼ぐホストなら、すぐ悪い男に引っかかる私たちをきっと救ってくれるはず。

ということで、第2回のインタビューテーマは「『悪い男』に引っかからない方法」について。第1回「一晩で4,000万稼ぐホストは『悪い男』じゃないの?」はこちらからどうぞ。

第2回:「悪い男」を見極める究極の質問とは?

ローランドさん!
なんですか?
私もあーりんも、とにかく「悪い男」に引っかかりやすいんです。彼氏に浮気されたり、遊ばれて終わったり……。つまるところ、こういう「悪い男」を手っ取り早く見抜く方法ってあります? 効果的な質問とか。
ありますね。
それ、大至急教えてください!!!!
簡単じゃないですか。「あなたはローランドですか?」って聞いてみて。で、「ローランドです」って返ってきたら100%「いい男」だし、「ローランドじゃないです」って言われたら、そいつはやめておいたほうがいい。
真面目に話してます?
はい、真面目に話した結果です。どうやったら伝わります?

きわめて真面目だと主張するローランドさん

話題を変えましょう。仕事で多くの女性と関わってきたローランドさんから見た「悪い男」にハマりやすい女性って、どういうタイプですか?
承認欲求が強いタイプだね。
いきなり恋愛専門家並みのご名答。
「悪い男」の存在意義って、ダメ女の承認欲求を満たすためだけにあると思うんです。「私を認めてほしい」「私にすがってほしい」っていう気持ちは、結局自信がないことの表れ。そもそも人生のなかで自分ってものを持ってないから、どうしようもない男性に流されちゃうんじゃないかな。
それならホストクラブに通う女性も「悪い男」に引っかかりやすいんじゃ? 「認めてほしい、なぐさめてほしい」って思うからホストに会いたくなるんだと思う。危険じゃないですか?
どうなんだろうね? ただ、俺はそうは思わない。
その理由は?
だって、「いい男」と飲むことは「いい女」になるための自己投資だから。ローランドのまわりは、「もっといい女になりたい」「もっと上をめざしたい」って気持ちで来てくれるお客様で溢れてる。
もうそれ、自己啓発セミナーじゃん。意識高い人が行くあれ。
もちろん、飲みに行く理由は人それぞれだから、ちやほやしてほしいって承認欲求を持っている女性も多少なりともいると思う。でも、そんなときはローランドにまかせてほしい。
あーりんもローランドさんに身をまかせたい!!!!
俺はストレートだから、やみくもに褒めたりはしないし、本当のことだけ言うよ。「かわいいね」とか思ってない相手には絶対言わないです。自己承認欲求を嘘で満たすことなんてしない。かわいくない女の子に「私かわいいですか?」って聞かれて「かわいいよ」と答えるのは、田中さんに鈴木さんって呼びかけるのと同じこと。
独特の例え。
「かわいい」とか小手先の言葉をやみくもに使わないなら、ローランドさんはどうやって女性の心をつかんでいるんです?
別に「かわいい」ってまったく言わないわけじゃない。そう思った相手には正直に言うのがマナーだと思ってる。「いい女」がいたら「いい女だね」と伝えることが父の教えだからね。
ローランドパパ、カッコいい!
キレイな花を見て「キレイだね」って言えない男なんて、男じゃないでしょ? だから、思ったことを素直に言うことが女性の心をつかむ秘訣かな。
じゃあ、どうするんですか? かわいくないと思う女性に「私、かわいい?」って聞かれたら。
「いや、かわいくないよ?」って答えるね。でも、それで終わらせない。「こうしたら、かわいくなると思うよ」って教えてあげる。たとえば「笑ったときの顔が暗いから、心から笑ったら素敵な女性になれるよ」とかね。
おいおい、世界観が瀬戸内寂聴先生みたいになってきたぞ。
俺はあーりんさんのこと、かわいいと思うよ。
えっ♡ 前段の話からの、かわいいは重みがちがう! めっちゃうれしい!
あれ? さちこのことは見えてる? 肉眼で確認できてる?
……あ。きれい、きれい(笑)。
何、今の間!? 2回連続で同じこと言うのは思ってないときじゃん!!!!
それ、よく言うよね~(笑)。
ポリシー曲げてまで気を遣うんじゃねえよ! 傷つくわ!!!!
最終回は、歌舞伎町の帝王ローランドが「ホストになった理由」について。女性を惑わす「悪い男」にだって、泥臭い過去があった……!? 

(取材・文:マイナビウーマン編集部、撮影:洞澤佐智子)

お役立ち情報[PR]