お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

パーマ失敗の原因とは? 自分でできる対処法

MINX 銀座二丁目店/加茂愛仁

パーマに失敗したと思ったら、まずは美容師に相談しよう

パーマが失敗する主な原因は「仕上がりのイメージとパーマのかかり具合がちがう」「美容師の説明がしっかり理解できていない」「そもそも仕上がりのイメージとカットがちがう」「過度なダメージ」「カウンセリングで仕上がりのイメージの共有や、毛髪診断ができていない」の5つとのこと。事前のカウンセリングで納得いくまで美容師に相談することが、パーマの失敗を避けるためのポイントだといえます。また、仕上がりに納得いかない(失敗した)ときも、まずは美容師に相談するのがいいでしょう。美容師に正しいスタイリングの方法を教えてもらい、実践するだけで改善する可能性があるのですから、これを試さない手はありませんね。

(文:MINX 銀座二丁目店/加茂愛仁、構成:藤野晶/dcp)

※画像はイメージです

※この記事は2018年10月31日に公開されたものです

MINX 銀座二丁目店/加茂愛仁

この著者の記事一覧 

SHARE