お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

パーマ失敗の原因とは? 自分でできる対処法

MINX 銀座二丁目店/加茂愛仁

パーマを失敗しないための選び方と伝え方

パーマをかける上で、髪の毛の現状と仕上がりのイメージを知ることがとても大切です。「何カ月前にパーマをかけた」「ストレートパーマの経験がある」「黒染めやブリーチをしている」など、髪の毛に関する情報はどんなことでもカウンセリング時に伝えるようにしてください。そのほか、なるべく写真や画像を持参して、美容師に仕上がりイメージを正確に伝えることをオススメします。そうすることで、言葉にしにくいことも伝えられるでしょう。

また、パーマの種類を自身で判断するのは難しいことです。予約の際やカウンセリングの際に相談するのが確実だと思います。「MINX」では、髪の毛の状態によってはパーマをお断りさせていただく場合もあります。これはお客さまの髪を守らなければならないと考えているからです。そのように、パーマをかけられるかかけられないかをしっかり判断できる美容師を選ぶことも大切になるでしょう。

次ページ:パーマに失敗したと思ったら、まずは美容師に相談しよう

SHARE