お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自分らしさに悩む人へ。専門家が教える「見つけ方」

大塚統子(心理カウンセラー)

「自分らしさ」を出す方法

「自分らしさとは何か」を理解した上で知りたいことといえば、その自分らしさをどのようにして表に出していくかでしょう。

以下の2STEPを踏むことで、自由に生きていく方法が見つかるはずです。

STEP1:「今の私」を肯定する

まずは「これが今の私」と認めることです自分を肯定することが、自分らしさを表現するための第一歩です。

STEP2:「自分らしさ」を誰かのために使う

次に、その「自分らしさ」を誰かのために使いましょう。

ただし、自分らしさを「相手に認めさせよう」と考えて行動するのはただの独り善がりです。誰かを喜ばせるため、誰かを幸せにするために自分らしさを活用してみましょう。

たとえば、細かなところにまで気がつくのが自分らしさなら、その能力を使って誰かをサポートしてみるといいですね。いつも笑顔でいるのが自分らしさなら、その笑顔を誰かに向けましょう。

誰かのために役立てようと考えて行動すると、自分らしさを出すことが人を幸せにすることにつながります。そうすると、自分らしく振る舞うことに自信が出てくるはずです。

次ページ:「自分らしさ」は本当に必要なのか

SHARE