お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

こじらせ女子の特徴とは? 2つの脱却方法

ぱぷりこ(恋愛コラムニスト)

「こじらせ女子」とは、「自分が女である」ことを素直に認められず、自意識や自己評価をこじらせた女性のことです。具体的には、下記のような特徴があります。

・世間がいう「かわいい女」像に自分を当てはめられない
・世間がいう女性像に当てはまらない自分に劣等感を覚える
・女としての自分を肯定できず、自信がない
・自分が女らしくないことについて、言い訳をして自信をつけようとする
・「女らしいもの・人」が苦手で、避けたり拒否したり見下したりする

「こじらせ女子」という言葉は、ライター・雨宮まみさんの著書『女子をこじらせて』(2011年)で有名になりました。雨宮さんは以前のインタビューで、こじらせ女子のことを「世間がいう『女のコって可愛いよね』の中に自分を当てはめられない女子」と語っています。

■現代におけるこじらせ女子は「面倒くさい女」

雨宮さんが提唱した時点では「世間がいう女子像と自分にギャップがある女性」という意味合いがあるだけでしたので、当てはまる人が大勢いたでしょう。

しかし、「こじらせ女子」という言葉がはやると、ここに「面倒くさい女」という意味が加わってきます。

なぜ「面倒くさい」が加わったのかといえば、「世間がいう女像に自分を当てはめられない」女性のうち「自分を女として素直に認められず、劣等感とコンプレックスがある状態」の女性にフォーカスが当たったから。かつ「こじらせる」という単語のニュアンスが、こちらの意味にマッチしやすかったから。

「こじらせる」という単語は「物事を複雑化させて解決しにくくする」「病気が治りにくくなる」という意味です。「女をこじらせる」とは、「女としての自分に劣等感があり、その劣等感が複雑化して解決しにくい」状態を想起させます。

また、劣等感とコンプレックスがある女性の中には、自分で自分を認めたいために、「私は女っぽくないけど、わざとだから」「どうせ私はなにをしても無駄」と「言い訳」をしたり、「女っぽい女」を避けたり拒否したりする人がいます。こうした女性たちにフォーカスが当たった結果、「世間が言う女性像に自分をあてはめられない女」「女性である自分を認められない女」というオリジナルのニュートラルな意味から、「女性っぽくない自分にコンプレックスと劣等感があって、自己肯定感が低い女」「言い訳をしたり、女性らしい女性を拒否したり見下したりして、自己保身する女」というネガティブな意味合いに変わっていったといえます。

たとえば、筆者のような「論理的に物事を話し、イヤなものはイヤといい、男尊女卑アレルギーがある女」は、世の中の「世間がいうかわいい女子」像を粉塵爆発させる存在ですから、雨宮さんが提唱する「こじらせ女子」です。しかし、周囲からは「こじらせてないよね」と評価されています。なぜならマイノリティな女である自分を肯定していて、世間に合わせようとあまり思っていないから。このことからも、世の中の人が考えている「こじらせ女子」は「女である自分を自己肯定できていない女」という意味合いが強くなっていると思われます。

◇こじらせ女子の特徴まとめ

▼雨宮さん提唱

・世間がいう「かわいい女」像に自分を当てはめられない

▼雨宮さん提唱からの派生

・世間がいう女性像に当てはまらない自分に劣等感を覚える
・女としての自分を肯定できず、自信がない

▼ネガティブなニュアンスへの派生

・自分が女らしくないことについて、言い訳をして自己正当化する
・「女らしいもの・人」が苦手で、避けたり拒否したり見下したりする

次ページ:こじらせ女子になる原因

お役立ち情報[PR]