お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ネイル

簡単! 美容ライターが教える「マニキュアの落とし方」

上田麻里(美容ライター)

女性の手元を美しく彩るマニキュア。セルフでも手軽に使えるので、自宅で愛用している人も多いのではないでしょうか? マニキュアを使用した後は、健康な爪を守るためにも、正しい方法できちんとオフすることが大切です。除光液を使ってキレイにマニキュアを落とすにはどうすればいい? その後には、どんなお手入れが必要? そんな疑問にお答えします。

除光液なしでもOK!? マニキュアの落とし方

キレイにネイルをしても、爪が伸びてきたり、マニキュアが剥がれてきてしまったり。そんなときは、オフが必要ですよね。マニキュアを落とす際、一般的に使用されるのが除光液。後ほどご紹介しますが、除光液には主に2種類のタイプがあるため、用途に合わせて使い分けるのがオススメです。また、実は除光液以外でもマニキュアを落とす方法もあるんですよ!

マニキュアを落とせるのは除光液だけじゃない!?

マニキュアは、一般的に除光液を使わないと落とせないと思われていますが、実は、ほかのもので代用することも可能です! 落とす力は劣りますが、除光液がないときなどに活用すると便利。代用品として使えるのは、主に下記の4つです。

エタノールなどのアルコール類

マニキュアの成分は、アルコールで落とすことができるため、消毒用に使用するアルコール(エタノール)でも除去できます。「無水エタノール」と表記のあるものが、アルコールの濃度が高いためよく落ちます。

アルコールを含むコロン(香水)

上記のエタノールと同様の効果で、アルコールを含むコロンを使ってオフすることもできます。コロンとよばれるものは、アルコール濃度の強さによっては、落ちにくいものもあります。

ラメの入っていないマニキュア

落としたいマニキュアの上から新しくマニュキアを重ね、乾かないうちにコットンなどで拭き取ることでも、落とすことができます。ただし、除光液やアルコールに比べると、キレイに落ちきらないことも多いです。どうしてもほかに落とす方法がない時に使用してみてはどうでしょうか。ちなみに、ラメの入っているタイプのマニキュアは、爪に残ってしまう可能性があるので、使用するときは「ラメなしタイプ」を選びましょう。

水糊(マニキュアを塗る前に使用する)

こちらはマニキュアを塗る前に行っておく方法です。マニキュアを塗る前に水糊を爪に塗っておき、乾いたらその上からマニキュアを重ねます。落とすときには、お湯につけて少しふやかすと、除光液などを使わなくても簡単にペリッと剥がすことができますよ! ただし、数日しか持たないため、その日1日のみネイルを楽しみたい時などにオススメです。

マニキュアの上手な落とし方

では、ここからは一般的な除光液を使った、落とし方のポイントです。何度も塗り重ねたネイルや、ラメ、ストーンなどを付けたものはなかなか落ちにくいですよね。そんなネイルもしっかりと落とせるのが下記の方法です。

(1)除光液をたっぷりと含ませることのできる、ふわふわのコットンを用意します。

(2)コットンがひたひたになるくらい、しっかりと除光液を含ませます。

(3)コットンを爪表面にのせ、マニキュアと少しなじませたあと、爪の根元から爪先に向かって拭き取ります。爪にコットンを少し押しつけるようにして滑らせるのがコツです。

(4)ラメやストーンなどがついていて落ちにくい場合は、爪のサイズより少し大きめにカットしたコットンに、たっぷりと除光液を染み込ませ、ネイルの上に30秒~1分程度おいてから拭き取ります。それでも落ちにくい場合は、コットンの上からアルミホイルを巻きつけて、数分おいてから拭き取ります。除光液の蒸発を防ぐことで、しっかり落とすことができますよ。

(5)爪のキワに残ったマニキュアや、取れなかったストーンなどは、ネイル用のウッドスティックが便利! スティックの先にコットンの繊維を巻きつけ除光液をつけたもので、ていねいに拭き取ります。

マニキュアを落とす時に気をつけるべきこととは?

除光液を使えば、ほとんどのネイルは簡単にオフすることができますが、誤った使い方をしていると爪が白くなってしまったり、乾燥して2枚爪になったりする可能性も。ネイルを楽しむためには、正しい落とし方で自爪を健康に保つことが重要です。

まず、ネイルをオフするときには、擦らず優しくふき取るように落とします。強くこすると爪が傷んだり、黄ばんだりする原因に。また、ティッシュでは、除光液がすぐに揮発してしまうので、厚手のコットンにたっぷりと染み込ませてから使用しましょう。

ただ、いくら気をつけていても、やはり頻繁に除光液を使うことは爪への負担となってしまいます。たまにはネイルをお休みする期間を作り、爪を休ませてあげるのも大切です。

次ページ:マニキュアを落とした後、爪をきれいに保つ秘訣

お役立ち情報[PR]