お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ネイル

除光液なしでもOK!? マニキュアの簡単な落とし方

上田麻里(美容ライター)

マニキュアの簡単な落とし方とは? 頑固なラメの対処法、爪を傷つけないポイントなどをくわしく紹介。除光液以外を使った落とし方についても、美容ライターの上田麻里さんが解説します。

マニキュアを落とせるのは除光液だけじゃない!?

マニキュアは、一般的に除光液を使わないと落とせないと思われていますが、実は、ほかのもので代用することも可能です! 落とす力は劣りますが、除光液がないときなどに活用すると便利。

代用品として使えるのは、主に下記の4つです。

(1)エタノールなどのアルコール類

マニキュアの成分は、アルコールで落とすことができるため、消毒用に使用するアルコール(エタノール)でも除去できます。

「無水エタノール」と表記のあるものが、アルコールの濃度が高いためよく落ちます。

(2)アルコールを含むコロン(香水)

上記のエタノールと同様の効果で、アルコールを含むコロンを使ってオフすることもできます。コロンとよばれるものは、アルコール濃度の強さによっては、落ちにくいものもあります。

(3)ラメの入っていないマニキュア

落としたいマニキュアの上から新しくマニュキアを重ね、乾かないうちにコットンなどで拭き取ることでも、落とすことができます。

ただし、除光液やアルコールに比べると、キレイに落ちきらないことも多いです。どうしてもほかに落とす方法がない時に使用してみてはどうでしょうか。

ちなみに、ラメの入っているタイプのマニキュアは、爪に残ってしまう可能性があるので、使用するときは「ラメなしタイプ」を選びましょう。

(4)水糊(マニキュアを塗る前に使用する)

こちらはマニキュアを塗る前に行っておく方法です。マニキュアを塗る前に水糊を爪に塗っておき、乾いたらその上からマニキュアを重ねます。

落とすときには、お湯につけて少しふやかすと、除光液などを使わなくても簡単にペリッと剥がすことができますよ!

ただし、数日しか持たないため、1日のみネイルを楽しみたいときなどにおすすめです。

次ページ:マニキュアを落とした後、爪をきれいに保つ秘訣

お役立ち情報[PR]