お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

「旦那がむかつく!」は深刻なサイン? 対処法とは

高見綾(心理カウンセラー)

結婚生活が長くなると、「旦那がむかつく!」と感じることは何度かあると思います。結婚前までは他人だった者同士が一緒に暮らしているのですから、多少イライラすることも仕方ありません。しかしそんなむかつきも、長く続いたり頻度が多かったりすると、一緒にいることが苦痛になってしまいます。今回は「旦那がむかつく!」と感じる女性の心理や、その対処法について心理カウンセラーの高見綾さんに解説してもらいました。

離婚したいぐらい!? 旦那にむかつく女性の心理

はじまりは些細なことから

「旦那がむかつく!」と感じる、それは生活の中の些細なきっかけからはじまります。たとえば、残業して遅く帰ってきた旦那さんは終始不機嫌。ご飯を出してお風呂を用意して、今日あった出来事について話したいなと思っていても、旦那さんは私のことを見てくれない……。そのまま「俺は疲れている」と言って寝てしまったなど。ちょっとした不満を感じても、解消せずに放っておくと、イライラは溜まっていきます。最初は、「私を見てくれない」「私の気持ちをわかってくれない」、そんなことを寂しいと感じていただけかもしれません。でも次第に、ちょっとしたきっかけで「旦那がむかつく!」という怒りに変わっていくのです。

過去を蒸し返すのは不満が解消されていないから

夫婦喧嘩をすると、妻が「あなたはいつもそう! あのときだって……」と、過去の出来事を蒸し返すことがありますよね。過去を蒸し返すのは、過去に感じた妻の不満感が解消されていないことを表しています。当時は「仕方ないな」と思って自分の中で納得させていたはずのものが実はまだくすぶっていて、同じような出来事が起きると記憶から引っ張り出されてくるのです。過去を蒸し返された旦那さんは、「今さら昔の話をされても」と感じるのでいい気分はしません。妻が旦那さんに不満をぶつけて、「私の気持ちをわかってほしい」「不満を解消してもらいたい」と思っても、旦那さんも妻と同じように不満を持っているので、妻の思うように旦那さんが動いてくれないことも多いのです。

次ページ:大嫌い! 旦那がむかつく原因

お役立ち情報[PR]