お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

結婚したら考えたい保険って? 加入&見直しのポイント

川部紀子(ファイナンシャルプランナー/社会保険労務士)

結婚したら、家族が安定した生活をずっと続けるためにも堅実なライフプランを考えたいですよね。ライフプランを立てるときの重要なポイントとなるのが保険選びです。結婚を機に、保険の加入や見直しを検討する人も多いですが、たくさんある保険の中から、一体どれを選べばいいのでしょうか。そんな保険について悩んでいる人のために、ファイナンシャルプランナーの川部紀子さんから話を聞きました。プロのアドバイスを参考に、夫婦でじっくりと保険について話し合ってみてください。

■結婚前から加入している保険はどうすればいい?

親が加入した保険や、知人にすすめられて契約した保険など、独身時代にもすでにいくつかの保険に加入している人は多いでしょう。結婚すると、夫婦で支え合っていく新しい生活が始まりますから、独身時代に入った保険については、結婚を機に見直してみる必要があります。そこでまずは、すでに加入している保険を結婚後も継続するか解約するか、見極めるポイントについて説明します。

◇継続か解約か見極めるポイントは?

☆貯蓄性のある保険は継続を

契約日が古い保険の中でも、「個人年金」と「養老保険」、さらに「パッケージ商品の終身保険部分」については、安易に解約することはオススメできません。この3つの保険は、払った保険料よりも戻ってくる金額のほうが多くなるという貯蓄性を秘めている可能性があるからです。しかも、金利が低い預貯金よりもずっとお得で、中には払った保険料の2倍以上が戻ってくるケースも存在しています。

「保険料がちょっと高いな」と感じているものは、節約のためにもつい解約したくなってしまいますが、実は、貯蓄性のある保険がほとんどです。保険料が高いだけの理由がある、将来的にメリットの大きな保険と言えます。このような貯蓄性のある保険は、結婚しても継続しておいたほうが賢明です。

☆掛け捨ての死亡保険は保険料に注意

逆に、保険料の少ない掛け捨ての「死亡保険」は、貯蓄性が少ない保険です。しかも、日本人の寿命が伸びていることで、以前よりもさらに安い保険料のものも登場していますから、すでに加入している死亡保険は、結婚を機に見直してみるといいでしょう。

次ページ:結婚したら、どんな保険に加入すればいい?

お役立ち情報[PR]