お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

LINEの例文付き! 女性からのデートの誘い方

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

LINEの例文付き! 相手が返信したくなるデートの誘い方

続いては、男性が返信したくなるデートの誘い方を教えてもらいました。

実際に会っているときに誘う

一番いいのは実際に彼と会っているときにデートに誘うこと。話の流れで「今度それ行きたい!」とか「一緒に行こうよ」と軽く誘って、彼の反応を見てみましょう。実際に会っているときは思考よりも感情が動いているので、彼もYESと答えやすいですし、男性は悪者になりたくないので、目の前の女性に対してNOとは言いにくいもの。そのため、LINEよりも実際に会っているときに誘った方がお断りされにくいのです。

LINEで誘う場合はとにかく軽く!

LINEでデートに誘おうとすると、どうしても重たさが相手に伝わりがち。すべては鏡の法則ですから、彼も重く感じてデートが億劫になってしまいます。LINEで彼をデートに誘うときは「とにかく軽く!」が鉄則。彼も気軽に応じられるように、明るく軽いお誘いLINEを送りましょう。もし彼が乗り気でない場合も、軽いLINEであればお断りする側の彼の負担にもなりませんよね。びっくりするかもしれませんが、男性をデートにお誘いするLINEのは以下の例ぐらい軽くていいのですよ。

LINEの例文

・最近どう? 久しぶりに会おうよ!

・最近どう? 来月飲み行こうよ!

・来月会社帰りに飲みに行こ~!

彼にメリットを感じさせる

あなたとただ会うだけでなく、あなたと会うことで彼にメリットがあると感じさせることができると、デートに応じてもらえる可能性が高くなります。彼が興味あるもの、好きな食べ物やお酒、彼が行きたいところなどをダシに使いましょう。

LINEの例文

・夏だね! ビール飲みに行こう~!(飲みたい~!)

・○○の面白いお店見つけたよ! 一緒にどう?

・(美術展など) すごい話題になってるね! 一緒に行こうよ!

誰にも言えない恋の悩み、プロに相談してみては?

・恋愛に関する悩みごとを相談できる人がいない

・相談できる人はいるが、相談して解決したことがない

こんな風に感じているのなら、電話占いを試してみてはいかがでしょうか?

電話占いなら店舗に足を運ぶ必要もなく、すきま時間でくつろぎながら相談も可能。さらに第三者に話を聞いてもらうことで、今の状況を客観的に見られるようになります。

しかも相談相手は、恋愛相談のプロである占いの鑑定士。 あなたの悩みに対するベストな解決方法を提示してくれるはずです。

はじめての電話占いに最適! 上場企業が運営している「ウラナ」

手軽に恋愛相談ができる電話占いを活用している人も多いため、数多くの電話占いサービスが存在しています。 中でも「ウラナ」は、はじめて電話占いを試してみたい人にぴったりのサービス。

その特徴は、下記のとおりです

・一部上場企業が運営し、プライバシーマークを取得している

・電話番号やメールアドレスが鑑定士に知られることがない

1分以内に電話を切れば無料

メール占い、チャット占いができるので電話が苦手な人でも安心

「占いと聞くと、なんだか怪しそう……」と心配な人も、これだけ安心材料が揃っていれば試しやすいですよね。

電話占いウラナはこちら

会員登録すると初回1,000円分のポイントがもらえる!

ウラナの場合、無料の会員登録をするだけで1,000円分のポイントがもらえます。1分200円くらいの鑑定士の場合、このポイントを使えば5分間分の相談料が無料に!

鑑定士によっては「初回の鑑定は10分無料」としているケースもあり、ポイントと合わせれば合計15分ほどの時間が無料となります。

この点も、電話占い初心者にとって安心できるポイントといえますね。

電話占いウラナの無料会員登録はこちら

ひとりで悩みを抱えて苦しまず、ぜひ誰かを頼って心を軽くしてくださいね。

ドタお誘い

誘う側も誘われる側も、ダメだったときのダメージを極力抑えられるのがこのドタキャンならぬ「ドタお誘い」です。前日か当日にLINEで彼を誘い、ダメ元で会えたらラッキーぐらいの軽い気持ちでいることがポイント。もしダメだったとしても「残念~! また誘うね!」でOKですし、もしかすると、彼から代替日を提案してくれるうれしいミラクルが起こる可能性も。

LINEの例文

・明日(週末)の予定がぽっかり空いちゃった! 空いてたら飲み行こう!

・今夜女友だちとご飯の予定がリスケになっちゃった~。もし空いてたらご飯行こうよ!

次ページ:逆に! 男性からデートに誘われたときの返事の仕方

お役立ち情報[PR]