お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「オトナ可愛い」は自分で作れる。! 努力して可愛くなる方法

千葉こころ

同性から見ても「可愛い」と感じる女性、憧れますよね。ただ、年齢を重ねるにつれ、見た目の可愛さだけではイマイチ魅力に欠けてしまうようです。そうはいっても、「自分より年上なのに可愛く感じる」「大人っぽいのに可愛い」など、魅力的な女性がいるのも事実。彼女たちのように「可愛い大人の女性」になるには、どんなことを意識したらいいのでしょうか? 年齢を重ねても可愛くいるための方法を探っていきます。

■「オトナ可愛い」女性の特徴とは?

「大人の女性」や「可愛い女性」であれば、どんな雰囲気なのかすぐにイメージがわくと思います。パッと身近な誰かの顔が浮かぶ人も多いでしょう。でも、両者を持ち合わせた「オトナ可愛い女性」となると、なんだか漠然としていてわかりづらいですよね。そこで、女性たちが抱くイメージから「オトナ可愛い女性像」を導き出してみたいと思います。

◇大人としての魅力を感じる「オトナ可愛い女性」とは

☆自然体の人

・「笑顔をたやさず、無理に若作りをせず、自然体でいる人」(33歳/その他/事務系専門職)

☆表情豊かな人

・「表情が豊かな人。大人だからといって変にクールぶらずに、楽しむ場面ではしっかり楽しむ人」(32歳/その他/営業職)

☆いい意味で二面性がある

・「さりげなく気遣いできるが、どこかおっちょこちょいで守りたくなる」(27歳/その他/事務系専門職)

☆自立しているが甘え上手

・「経済的にも精神的にも自立しているけど、人に甘えることもできる」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

☆いくつになっても好奇心を忘れない

・「いくつになっても好奇心を持って人生を楽しんでいる人」(32歳/その他/その他)

自立や周囲への気配りなど、大人としての振る舞いがきちんとできる一方で、笑顔や、自然体で物事を楽しむ姿から親しみを抱けるような女性が「オトナ可愛い」と感じられる様子。また、無理に若く見せようとせず、自分の年齢を受け入れた上で会話やおしゃれを楽しむような心のゆとりも、大切な要素になっているようです。年齢を重ねるほど、誰かに甘えたり、弱みを見せたりするのは難しくなるもの。そんな中で、背伸びせずに等身大の自分を表現できるからこそ、「大人なのに可愛い」という印象を与えるのかもしれませんね。

次ページ:オトナ可愛くなるための努力とは

お役立ち情報[PR]