お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

捨てなきゃよかった。後悔しない断捨離のコツ

橘夢人

余計な物を捨てて身軽に暮らす片付け術として人気の「断捨離」。でも、「捨てるんじゃなかった……」と後悔したことがある女性も多いようです。一体どうすれば、気持ちよく断捨離できるのでしょうか。今回は、女性のアンケートから、「断捨離で失敗しないコツ」を探っていきましょう。

■「断捨離」で後悔する人は意外と多い?

いらないと思って捨てたものの、後悔するのはよくあることなのでしょうか。女性のみなさんに、断捨離で後悔したことがあるか聞いてみました。

◇「断捨離」で後悔したことはある?

 

Q.「断捨離」をして、後悔したことはありますか?

ある(16.8%)
ない(83.2%)
※有効回答数399件

アンケートの結果、約5人にひとりが断捨離で後悔した経験があることがわかりました。「意外と少ない」とも思えますが、部屋も気持ちもスッキリさせるために行った断捨離で、後悔するのは切ないですよね。では、どうして後悔してしまったのでしょう。「後悔したことがある」と答えた人に、捨てて後悔した物と、その理由を聞いてみました。

◇「断捨離」で捨てて、後悔した物は?

☆後から必要になった物

・「いらないと思って洋服を大量に捨てたら、数日後にやっぱりまだ着たかったと後悔した」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「捨てた書類が後から必要になった」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

☆思い出の品

・「カバンや服など、着古したけど、思い入れがあった物」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「元彼との思い出の品。やっぱりまだ手元に置いておきたかった」(23歳/食品・飲料/技術職)

☆二度と手に入らないレアな物

・「本を売ったが後々読みたくなった。しかし、絶版している本だったので、二度と手に入らなくなってしまった」(31歳/建築・土木/事務系専門職)

・「テスト。満点だったからとっておけばよかった」(25歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

思い入れのあるアイテムや大切な人にもらった物、絶版になってしまった本など、二度と手に入らない物を捨ててしまうと、後悔するケースが多いようです。また、「洋服を捨てたけどメルカリに出せばよかった」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)という声も。断捨離自体に後悔したというより、断捨離の仕方に後悔したという意見ですね。

次ページ:「断捨離」で後悔しないために大切なこと

お役立ち情報[PR]