お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

円満に辞めたい。専門家が教える「退職理由の伝え方と例」

佐野昭子

相手のことも考えた上で伝えることが大切

去り行く会社だからといって、自分本位の辞め方をしてしまっては、まわりに迷惑をかけるだけでなく、自分の印象も落としてしまうものです。退職を考えたら、上記を参考に、嘘のない範囲で、早めに退職の意思を伝えるようにしましょう。

(監修・文:佐野昭子、文:おぜきめぐみ)

※画像はイメージです。

※この記事は2018年04月25日に公開されたものです

佐野昭子

ホスピタリティエバンジェリスト

日本航空客室乗務員15年の経験を活かし、1998年よりJALアカデミー株式会社、他の接遇会社で人材育成教育を修業。2002年個人事業「プリサージュ」を起こし、2018年に「株式会社プリサージュ」設立。”ホスピタリティ”をベースに、企業研修、全国講演を行っている。

著書:「選ばれる人の気遣い」CCCメディアハウスより2015年出版。

この著者の記事一覧 

SHARE