お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキル

できる大人のマナー。飲み会後のお礼メール作法

松本繁美(マナーアドバイザー)

社内の飲み会、社外の方との会食……。社会人になると仕事関係の飲み会は多くなります。そんな飲み会後のお礼メールは、社会人としてのマナーのひとつ。あなたも気のきいた1通のメールで、ワンランク上の好印象を残してみませんか? 飲み会後のお礼メール作法について、マナー講師の松本繁美さんに解説してもらいます。

■飲み会後のお礼メールの重要性

◇お礼メールの重要性1:お礼は人間関係の基本

飲み会でご馳走になった場合はもちろんのこと、割り勘であっても、お礼はすべきです。誘ってもらったことについて、時間を割いてもらったことに対して、感謝すべきだからです。プライベートな友だち同士で飲み会をしても「楽しかったね!」「おいしかったね!」など、終わったあとにメールのやりとりをしますね。それと同じことです。人間関係の基本だと心得ましょう。(松本 :「  ~よね。」という言葉遣いはこのましくありません。)

◇お礼メールの重要性2:お酒の失敗もメールでフォロー

飲み会ではお酒の力も手伝って、開放的な気分になります。そんなときにどんな態度で、どんな話をするのかが、飲み会の目的でもあるわけです。つい本音トークをしたり、不満をぶちまけたり……。それらをシラフになったときに、お礼のメールでリカバリーやフォローをするのが、社会人としての腕の見せどころでもあります。

◇お礼メールの重要性3:次に繋げるためのツール(道具)

飲んだら飲みっぱなしでは、ビジネスにおける飲み会の効果は期待できません。次に繋げるためにも、お礼のメールがとても役立ちます。また、飲み会では酔ったところを見せても「お仕事モードに入れば、きりっとした行動を取れる!」というアピールをするためにも、お礼メールはかかせませんよ。

次ページ:飲み会後のお礼メールを送る際のポイント

お役立ち情報[PR]