お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 片思い

【真夜中のKISSマンガ】第11回『ひるなかの流星』キスの相手は誰?

和久井香菜子

少女マンガ攻略・解析室室長の和久井香菜子が、真夜中に読みたいキスシーンをご紹介。ベッドの中で胸キュンが止まらない“とっておきのキスシーン”って? 金曜午後10時、甘くて切ない秘密の時間がおとずれる。

誰かとデートして、いい感じで「そろそろ次のステップじゃない?」って時期、めちゃくちゃドキドキしますよね。いつかな、いいのかな、ダメなのかな、なんてソワソワして。

すっかり落ち着いて信頼し合っている関係もいいけど、この高揚感はやっぱりなんかホルモン出てる気がしますね。そんな疑似体験ができるのが、少女マンガのいいところ。さて、今回取り上げるのは……。

(C)やまもり三香/集英社マーガレットコミックス

今夜のKISSマンガ『ひるなかの流星』

ぶっちゃけ和久井、この作品をちゃんと読んだことがなかったんですよ。で、今回取り上げることになり、改めて読み直したんです。

……めっちゃドキドキしました。

今まで、少女マンガを読みながら「誰といつキスするのかな?」とか期待したことってないんですよ。なんとなく流れに身を任せつつ話を楽しむだけだったんです。でも今回は目的がハッキリしてたわけです。至上命令は「ドッキドキのキスシーンを探すこと」。もう目指すはそれだけです。

正直、どっちも好き。心揺さぶる2人のヒーロー

主人公は、高校生のすずめ。
そして彼女の相手になりそうなキス候補が2人出てくるんですよね。
悠々と人生を楽しんでそうな獅子尾先生と、女に免疫のない馬村くん。
……どっちだ? どっちと、いつキスするの?

個人的には、どっちでもいい!

獅子尾先生は、大人の余裕(つっても24歳だけど)があって、スラッと細身でセンスがよくてステキです。チャラチャラしてるけど面倒見がよくて、公私でまったく別の顔を持ってる。……こういう男性に振り回されたいッス!

一方の馬村くんは、照れ屋でウブで、ぶっきらぼう。でもそこがカワユイですよ。こういう男子が心を開くと一途に突進してきそうだし。「仕方がないなあ」なんて言いながらかわいがりたいなあ。

という、真っ二つに心を引き裂かれたまま読み進め、とうとうお待ちかねのキスシーンです。読者にとっても不意にやって来ました。

キスの相手はどっち? その答えは……

ページをめくったら、ほっぺたにちゅっ。

こっちだったかー!
と叫んでしまいました。

いや、どっちでもよかったんでいいんです。
いいんだけど、やられました、完全に。
しかも、したあと、自分でしたくせに照れてるところがいいですね。
キスの相手がどっちだったかご存じない方は、ぜひ本編でどうぞ!

ところで少女マンガの登場人物たちが学校行事の旅行に行くと、どうして必ず遭難するんですかね。雪山とか森とか、どっちかが軽く怪我したり熱出したり……。いや、いいんですよ、「男子と遭難して危機一髪!」なんて相手の度量の深さも測れるし、吊り橋効果で思いが深まりそうだし、命の危険がない程度で体験してみたいですよね。

ちなみに、目的のキスシーンに到達したあとも、そのままのめり込んで読み続けてます。すずめとくっつかなかったほう、自分がもらいたいなあ~。

(監修・文:和久井香菜子、イラスト:菜々子)

お役立ち情報[PR]