お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

長持ちするグロス・口紅の塗り方~唇のケアから最新リップメイクまで~

西田美穂

グロスと口紅は正しく使えないと持ちが悪かったり、ふっくら仕上がらなかったりしますよね。毎日のケアから、リップの発色をよくするベースの選び方、さらにリップを長持ちさせる新しいグロスの塗り方まで……。最新のリップメイクについて、美容研究家の西田美穂先生に教えてもらいました。

■基本の唇のケア方法

まずは唇のケア方法から見ていきます。唇を整えることは、リップのノリがよくなるのはもちろん、長持ちさせる効果もあります。どのようなお手入れをすればよいのでしょうか?

◇皮むけ対策

簡単なものだと、唇用美容液などをたっぷりと塗ってマスクをして時間をおきます。30分もすれば柔らかくなるので、ティッシュで優しく拭き取ります。強くこすったり、無理やり剝がすのはNGです。通勤時などにも使える方法です。家で時間に余裕がある場合は、ラップでパックする方法が有効です。

◇リップスクラブ

唇の古い角質を取り除いて柔らかくし、血行を促進させるケア方法です。唇を少量の水で湿らせてから、適量のスクラブを指に取り、唇全体をくるくると優しくマッサージします。2分程度したら、ぬるま湯ですすぎ、保湿も忘れずにしましょう。ケアではありますが、薄い皮膚に刺激を与えることにもなりますので、スクラブは週に1〜2回程度で十分でしょう。

◇シュガースクラブ

その名の通り、砂糖を使ったスクラブです。砂糖は肌に溶け込む浸透力が高く、吸水・保湿力が優れているという性質があるので、皮膚が薄くデリケートな唇にも適したものと言えます。家庭にあるもので、簡単に手作りできるのもよい点です。基本レシピは砂糖と油分を1対1で混ぜるだけですが、オリーブオイルやココナッツオイル、ワセリンやベビーオイル、はちみつなどを使ったレシピもあります。

 

●唇の乾燥対策

唇が荒れる大きな原因は乾燥です。乾燥させないためには「唇を舐めない」「口呼吸をしない」「むやみに触らない」。唇の水分を奪わないよう、癖がある方は意識して治すようにしたいですね。

 

次ページ:唇に潤いを与えるナイトケア

お役立ち情報[PR]