お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【マナー講師監修】結婚お祝い金っていくら? 相場や渡し方のマナー

松本繁美(マナーアドバイザー)

メッセージを添える場合の書き方

04
結婚お祝い金を郵送する場合は、メッセージを添えてお祝いの気持ちを伝えることもできます。メッセージには、どんなことを書けばいいのでしょうか。松本先生に教えていただきました。

メッセージの書き方

結婚お祝い金を郵送で送る場合は、ご祝儀袋に入れて、そのご祝儀袋をさらに現金書留の封筒に入れてから送ります。この場合「直接手渡せないけれど……」という気持ちを込めて、「本来なら持参すべきなのですが」とひと言添えてから、お祝いのメッセージや手紙を書いて送るとよいですね。具体的な送り状の基本構成は、次の通りです。

<例文>

拝啓○○の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたびは、ご結婚のお知らせをうかがい、心からお祝い申し上げます。
ご家族の皆様もさぞお喜びのことと思います。
つきましては、本来なら持参すべきなのですが、ご祝儀としてささやかな気持ちをお送りいたしますので、ご受納いただければ幸いです。
まずは略儀ながら書中にてお祝いのごあいさつを申し上げます。  敬具

頭語

「拝啓」「謹啓」など、フォーマルな文章の決まり言葉です。

時候のあいさつ

季節に応じた言葉を添えます

例)早春の候、初夏の候、春の日差しがやわらかなこの頃
ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

前文

お祝いのあいさつを書きます。

例)このたびは、ご結婚おめでとうございます。
さぞ、ご家族もお喜びのことと存じます。

本文

お祝いを贈ったことを書きます。

例)ささやかな気持ちを贈りましたので、お受け取りいただけましたら幸いです。

末文

直接手渡しでlきないことを「略儀ながら」と詫びつつ、文章を締めます。

例)まずは略儀ながら書面にてご結婚のお祝いを申し上げます。

結語

「敬具」「敬白」など。女性が書く場合は「かしこ」と締めることがあります。 目上の人に送る場合には、フォーマルな手紙の形式を踏まえて送り状を書くように心掛けましょう。 一方親しい相手に送る場合は、堅苦しい形式的な部分を省いて「ご結婚おめでとう!」と手紙を書き始めたほうが、気持ちが伝えられます。

メッセージを添える場合の注意点

忌み言葉である「別れる、切る、破れる」や、「重ね重ね(かさねがさね)、返す返す(かえすがえす)」のような、「たった一度の事=結婚」を否定するような言葉を使わないようにしましょう。

次ページ:まとめ

SHARE