お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 デート・カップル

甘い言葉は危険!? 男性の「甘い言葉」に隠された本音と心理とは?

織田隼人

好きな人から言われる「甘い言葉」にキュンとしてしまう女性は多いですよね。しかし、その甘い言葉は男性の本当の気持ちなのでしょうか? もしかすると、いろいろな思惑があるのかもしれません……! そこで今回は、信用してはいけない男性の甘い言葉と甘い言葉をささやく男性の心理、「甘い言葉をささやく男性」と付き合うときの注意点を紹介します。

istock-478493447

■信用しちゃダメ! 男性の「甘い言葉」って?

男性からの甘い言葉は、女性からするとうれしいですよね。しかし、その言葉をそのまま鵜呑みにしてしまうのは危険。男性の甘い言葉に騙された経験のある女性も多いのではないでしょうか。ここでは、信用してはいけない「甘い言葉」や騙されたエピソードについて紹介します。

istock-480579945

・信用してはいけない「甘い言葉」

どんな言葉を信用してはいけないのか、女性たちに話を聞いてみました。

(1)かわいいね

・「誰にでもかわいいと言っている人は信用できない」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「かわいいねなど外見をやたら褒める」(29歳/農林・水産/事務系専門職)

(2)君だけだよ

・「君だけだよ、という人。ほかにもいるからこそ、そういう言葉が出るのだと思うから」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「君だけだよ。そうやって、ほかの女性も口説いてそう」(32歳/医療・福祉/専門職)

(3)妻とは別れる

・「既婚者の”妻とは別れるから”という言葉」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「既婚者の妻とは終わっているとか別れるつもりだという言葉」(28歳/医療・福祉/専門職)

(4)結婚しよう

・「いつか結婚しようねという言葉だけの約束」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「結婚する気がないのにそのようなことをにおわせる人」(32歳/その他/事務系専門職)

(5)1番好き

・「1番好きだよ、とかかな? セカンドがいる」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「君が1番この世界で好きだよという言葉」(24歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

男性の甘い言葉の中で、あまり信用してはいけないセリフが挙げられました。もちろん、すべてが信用できないというわけではありませんが、その言葉を口にしたときの状況や、相手の表情など、いろいろな要素を含めた上で考える必要があるのかもしれませんね。

・男性の「甘い言葉」に騙されたエピソード

実際に男性の甘い言葉で騙されてしまったエピソードについて、女性たちに話を聞いてみました。

<かわいいと言われた>

・「かわいいとか好きとか言われてその気になってしまった」(32歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「かわいいとか褒めるけどそれほど本気じゃない」(23歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

<好きだと言われた>

・「好きとやたら言われるけど、本命がほかにいる」(32歳/金融・証券/営業職)

・「君が1番この世界で好きだよという言葉を信じた」(24歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

<二股をかけられていた>

・「彼女がいる人の、私が好きという言葉をまんまと鵜呑みにしてたら結婚してました」(26歳/小売店/事務系専門職)

・「二股かけてたということがあった」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

<浮気されていた>

・「俺について来いと言われたが結局浮気していた」(32歳/通信/事務系専門職)

・「愛している、浮気もしていたことがある」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

<ほかの女性にも同じことを言っていた>

・「自分の味方だと言ってくれたが、ほかの女性にもそう言っていた」(34歳/情報・IT/技術職)

・「みんなの前で好きと言われたけど、ほかの人のことも好きと言っていた」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

みなさん、いろいろな経験があるようですね。甘い言葉をささやかれると、ついその気になってしまうことも。しかし、しっかりとその男性を見極めなければ、騙されていたということがありそうですね。

次ページ:甘い言葉をささやく男性の心理って?

お役立ち情報[PR]